ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

ホリエモンの高貴さ,政財界の卑俗さ

谷川昌幸:

ホリエモンが勾留され,四面楚歌,非難の大合唱だ。卑怯ではないか! 口封じに閉じこめ,安全圏から一方的に糾弾するとは。ホリエモンに反論の自由があるとき,なぜ批判しなかったのか?

▼犠牲の子羊,ホリエモン
これは陰謀ではないか? ホリエモンは,巨悪を隠すためのスケープゴートにされたにちがいない。巨悪に骨までしゃぶられている庶民は,ゆめゆめ政財界やマスコミにたぶらかされ,ホリエモン非難の楚歌を合唱してはならない。

すでに何回か指摘したように(1/11,1/18,1/25),ホリエモン・バブルを煽ってきたのは政財界や朝日等のマスコミであり,それに便乗して一儲けしようとしたのは投機家たちだ。株や金融商品取引は,本来,投機家たちの化かし合いの世界,それこそ自民党のいう「自己責任」の下にある。額に汗することなく,指先一本で,巨万の富を得ようとすること自体,庶民倫理にもとる。それを承知で始めたくせに,いまになって騙されたと泣きつくのは,何ともみっともない。

▼朝日のホリエモン糾弾特集
みっともないばかりか,許せないのが,朝日だ。2月26日から「ホリエモンはなぜ生まれたか」という糾弾特集の連載を始めた。

「ライブドアが・・・・急成長できたのは,なぜなのか。拝金主義をあおるような言動も辞さなかった堀江貴文社長は,なぜ時代の寵児になれたのか。」(朝日2/26)

あれあれ,それは朝日新聞社のおかげではないか。大朝日が,はやし立てなければ,堅気の庶民が株バクチなんかに手を出すはずがない。

その朝日が,自分の大罪にほおかむりして,ホリエモン糾弾を始めたのは,なぜか?

▼搾取のからくり
ホリエモンは,根が正直,本物の美意識が災いして,小汚く騙しきれなかった。これに対し,巨悪は老獪であり,卑屈をものともせず庶民や途上国から富を搾り取っている。

健忘症の日本人はもう忘れたかもしれないが,前回バブルのころ,日本の金融機関は,アメリカに騙され,マスコミに煽られ,節税対策アパート経営,地上げなど,詐欺師かヤクザまがいのことを日本中で繰り広げた。ホリエモンの比ではない。挙げ句の果て,バブル破裂で,金融機関は負債まみれになり,とても返済できない,と誰もが思った。

ところが,いまやそれらの金融機関は,ぼろ儲け,儲かりすぎてカネの使い道に困っている。あの天文学的負債は,誰が穴埋めしたのか?

もちろん,庶民だ。時給700円,月給12万円(某米系保険会社の例)の中から,新自由主義の生み出した将来不安に備えコツコツためた貯金に,銀行は0.001%程度の利息しか付けない。ただ同然。そして,そうして集めた金を銀行は内外の株,債権,不動産に投資し,莫大な利益を得ている。自己責任には頬被りし,税金で尻ぬぐいしてもらい,さらに庶民からも,日々,かすめ取っている。

仕掛けが巨大すぎて,実直な庶民には見えないだけ。政財界ぐるみの国家的詐欺といっても,言い過ぎではあるまい。

▼実のなる花の卑俗さ
この詐欺同然の巨悪をカモフラージュしているのが,政財界の「心」や「心の教育」だ。ホリエモンは,その「心」でさえ,金で買えることを天下に知らしめたため,そう,あまりにも正直であったため,巨悪の仕掛けをバラされては困る政財界の怒りを買ったのだ。

政財界の「心」は,おいしい実をつける花である。いや,もっと正確に言うと,巨利を産み出す仕組みをごまかし,美化する卑俗な花に他ならない。

ホリエモンは偉い。実(利得)が尊いものなら,なぜ花で隠す必要があるのか,と語り,実践した。子(利益)が本当に大切なものなら,子を産む行為も子を生み出す部分も,恥部ではなく,隠す必要はないではないか。

これは逆鱗に触れた。政財界の利得行為は恥ずかしい行為,生み出す部分は恥部であり,花でもって覆い隠さなければ,とてもじゃないがやっていけない。

その卑俗な花を,ホリエモンはむしり取ろうとした。恥部丸出しでは,恥ずかしくて巨利は生み出せない。政財界が一致団結してホリエモン抹殺に動いたのはそのためである。

▼あだ花の高貴さ
その提灯持ちが,朝日だ。26日のホリエモン糾弾シリーズ(1)の見出は「あだ花」。これはまた,何たる浅はかさか!

ホリエモンは,資本主義社会で利潤を生むことは恥ずかしいことではなく,隠蔽するための花など必要ない,と喝破した。そして,儲けはどうせ浮利だから,浮利の論理に徹したらよいと開き直った。ここにホリエモンの偉さがある。

花は,本来,昆虫などを騙すためのものだ。うまく騙せば,受精し,実が稔る。だから,花を咲かせ,おいしい実をたわわに稔らせている政財界のお歴々は,本心(受精)を隠し,庶民をうまく騙していることになる。

ところが,その反面,実をつける花は,実をつけるという,後ろめたい不純な動機を持っているので,つまり恥部隠蔽の卑小な原罪意識に災いされ,美に徹しきれず,美しくはなりきれない。

これに対し,実のならない「あだ花」は,美しく騙すことそれ自体が目的であり,したがって純粋であり,絶対的に美しい。観賞用の花が実をつけなくても,誰も「騙された」といって怒りはしない。あだ花の美と戯れ,美しさに騙され,これを楽しめば,それでよい。

▼ホリエモンの美しさ
ホリエモンは,善良な庶民を騙すつもりは,毛頭なかった。彼は,政財界の卑俗な「心」(実のなる花)の本性を暴露した上で,バーチャル金融の花札に参加した。そして,そこで「株式時価総額」という「あだ花」で投機家たちを誘った。

ホリエモンは,政財界のように「心」で「利得」を隠すような卑小な詐術は弄していない。カネはカネだと明言した上で,「時価総額」という美しい「あだ花」で投機家たちを誘惑した。最初から「あだ花」だよ,といって金融投機の花札をやっているのだから,ウソはついていない。

ところが,皮肉なことに,「あだ花」の方が,実のなる花よりも圧倒的に美しい。花札だと分かって始めた投機家たちも,そのあまりの妖艶さに魂を奪われ,我を忘れ,のめり込んでしまったのだ。

ただ,それだけのこと。バーチャル金融世界は,本来そういうところであり,魂を奪われたのは,奪われた方が悪い。自己責任に決まっている。それなのに,失恋の責任を恋人の美しさになすり付け,権力に泣きつくとは,何とも情けない話しだ。

▼小姑的嫉妬に負けるな!
政財界や朝日などのホリエモン糾弾は,ホリエモンの「あだ花」的美しさへの,小姑的な醜い嫉妬に由来する。ホリエモンの美しさは,彼の罪ではない。遊び心を忘れ,本気で惚れ,振られた。自業自得だ。

ホリエモン頑張れ! 出獄したら,もう一度同じことをやり,その美しさで朝日や投機家どもを魅了し,そして,もう一度捨ててやれ!

Written by Tanigawa

2006/03/01 @ 19:01

カテゴリー: 経済

Tagged with , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。