ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

ヒンズー教国家消滅,世俗象徴君主国へ

谷川昌幸(C)

18日午後,コイララ首相が議会に「議会宣言」を提出した。このまま承認されれば,ネパールは世界唯一のヒンズー教国から,ごく普通の象徴君主国となる。日本の象徴天皇制とほぼ同じ。

「議会宣言」の採択手続はまだ分からない。審議すれば,大もめにもめ,混乱するだろう。それを避けるため,いまのうちに全会一致で採択,となるかもしれない。

これでマオイストは和平テーブルに着くか? 頭から拒否はしないだろうが,この枠組みでの体制内化は微妙だ。

もっと難しいのが,7政党。これまでは,都合の悪いことは国王のせいに出来た。これからは,7党政府が「人民」を弾圧することになる。すでに昨日,政党政府はデモ禁止命令を出した。もはや逃げ場がない。

つい1年前まで,マオイスト(地方住民)大弾圧を繰り返してきたのは政党政府であった。同じことが,もっと残酷な形で起こる危険性がある。人民が人民を弾圧するのだから,弾圧される人民は「非人民」(非国民)ということになる。

そのようなことにならないように,よく監視していなければならない。

----------

「議会宣言」要旨

議会  最高,全行政権行使 
         *議会主権であり,人民主権ではない。
軍指揮権  内閣。議会が承認
王室会議常任委員会  解散
国王の自由裁量権  剥奪
王位継承  議会決定
国王無答責  剥奪。議会,司法裁判所で国王問責可能
議会招集権  国王から剥奪。首相の助言で下院議長が招集
          特別会は議員25%以上の要求で招集
王室財産  課税対象。王室予算は議会決定
現行法令  「議会宣言」に抵触するものはすべて無効
ネパール国家  世俗国家(政教分離の国家)

* nepalnews.com, May18

 

——–(追 加)———

 

「議会宣言2063」が採択された。要旨は下記の通り。

 

Declarations of the House Proclamation

The name His Majesty’s Government of Nepal changed to Nepal Government

Nepal becomes a secular state

National anthem to be changed

Name of Royal Nepalese Army changed to Nepal Army

The post of Supreme-Commander-in-Chief of the army held by the king and the constitutional provision regarding the mobilisation of the army scrapped

Army and all other security limbs of the state brought under the direct control of the HoR

Council of Ministers to appoint the Chief of Army Staff

Rajparishad scrapped, its duties and responsibilities will be exercised by the HoR

Parliament to formulate, amend, and annul the laws deciding the heir to the throne

All executive rights of the state vested only in the Council of Ministers

Prime Minister will summon the House session and Speaker will end the session on PM’s recommendation

Parliament to decide Royal Palace expenditures and other facilities

Private property and income of the king to be taxed as per the existing laws

Questions can be raised in parliament and in a court of law against the king’s unconstitutional and illegal actions

The Royal Household Service scrapped, civil servants to replace Royal Household Service employees

The Council of Ministers to decide the security arrangement of the Royal Palace

The provisions of the Constitution of Nepal 1990 and other laws which contravene the House Proclamation will be null and void to the extent of contravention

* ekantipur, May18

Written by Tanigawa

2006/05/18 @ 20:38

カテゴリー: 政治