ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

世俗国家の宗教祭日

谷川昌幸(C)
 
世俗国家ネパールが,宗教祭日を国家=国民祭日と定めた。クリスマス,イスラム教祭日,シーク教祭日,有力民族祭日等,18祭日が国家=国民祭日となるのだそうだ。
 
何たる無節操。なぜ大多数が非クリスチャンのネパールで,クリスマスを国民祭日にしなければならないのか? こんなことをするくらいなら,世俗的なギリジャ生誕日,「プラチャンダの道」宣言日などを国民祭日にした方がましだ。
 
ネパールの世俗主義なんか,到底この程度のものなのだ。在ネ日本人も少なくないから,神嘗祭も国民の祝日にしてもらうべきだろう。
 
【新設国民祭日】
Eid, Bakr Eid, Christmas, Nanak Memorial Day, Udhouli, Ubhouli, Goura, Tamu Lhosar, Sonam Lhosars, Maghi, Siruwa

Written by Tanigawa

2008/03/05 @ 16:36

カテゴリー: 文化

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。