ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

ミスコン粉砕:ダハール首相の初仕事

谷川昌幸(C)

怒れるマオイスト女性の代表「全ネパール革命女性協会」(会長Amrita Thapa Magar)が,さっそくダハール(プラチャンダ)首相に面会し,「ミス・ネパール」コンテスト反対を訴え,政府の支援を要請した。このミスコン粉砕運動には,もう一つの強力共産党,UMLの女性諸団体も参加している。

女性の味方ダハール首相は,もちろんマオイスト女性同志の要請に「肯定的」な回答をし,検討を約束した。

マガール民族は勇猛果敢で知られている。そのマオイスト女性リーダーが,人民戦争における女性革命兵士の比類なき戦果をバックに,やや軟弱ではあるが伝統のあるマルクス・レーニン主義政党系の女性諸団体をも従え,ミスコン中止への協力を,マオイスト同志,プラチャンダ首相に要請しているのだ。

もう決まりだ。連邦民主共和国政府の命令でミスコンは中止。トレードマークからして反ネパール的,反人民的な,このインド帝国主義資本は,ネパールから撤退せざるをえないだろう。たぶん,そうなる。きっと,そうなる・・・・はずだ。

daburltd
*。nepalnews.com. Aug16
 

Written by Tanigawa

2008/08/16 @ 21:39

カテゴリー: 文化

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。