ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

劣化する日本社会

谷川昌幸(C)

1.お年玉で買える会社
日本社会の劣化が加速度的に進行している。

株価(日経平均,ダウなど)は,国力,とくにその国の将来性の評価であり,大局的にはかなり正確である。この株価の点で,日本の国力低下は,欧米よりも大きい。
 ●2008年の株価低下率(%)
   日経平均 -42.1
   NYダウ -33.8
   英    -31.3
   独    -40.4
   仏    -42.7
惨憺たる有様だ。

いまの日本には,数万円くらいの子供のお小遣いで買える会社がたくさんある。日本の小中学校では,アメリカ金融資本にそそのかされ,株式投資ゲームを授業でやっているが,そんなままごとではなく,お年玉をつかって本物の会社の株を買った方がよい。小学校が,株屋さんになるなんて,いかにも世紀末的で,面白い。

2.非正規雇用を助長する教育学部
労働者の側からみても,労働条件の悪化は目を覆うばかりだ。なんと,国立大学教育学部の新規卒業生の約半分が非正規雇用だ(下表参照)。教育学部卒業生のうち正規採用されるのは,約3割。ひどい大学だと,100人卒業して,正規教員に採用されたのは,たった2人(2%)。

その結果,日本の小中高校は,いまや2,3割が非常勤教員。小中高校は,非正規雇用を常態化し,そのような労働形態を子供たちに刷り込んでいる。

これは,おそらく世界最悪の権利無視教育現場の一つだろう。戦前の日本よりも悪い。無停電・無スト・飽食日本が,どうしてこんな惨憺たる有様になってしまったのか?

3.ネパールから学ぶ
「ネパールから学ぶ」は,決して,すべてがイヤミではない。日本も,たまには停電やストを断行し,会社も学校も休みにし,現状をゆっくり反省してみるべきだろう。

1.2か月学校が休みになっても,どうということはない。

 2008年3月卒業者 大学別就職状況(文科省)

大学順位

卒業者数

正規採用

臨時任用

正規採用率

1(位)  
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
合計

170(人) 
511
107
135
121
127
596
248
197
238
153
738
161
408
165
220
629
213
106
265
186
221
214
112
155
416
98
106
186
257
178
477
162
186
132
103
122
100
251
112
94
161
115
247
102
114
244        10359

86(人) 
258
35
59
41
44
259
95
75
56
59
174
42
178
50
79
218
70
30
89
70
71
68
35
33
132
14
23
38
80
40
93
49
47
35
24
20
2
89
25
18
43
24
41
22
28
45

3206

56(人) 
111
42
32
40
41
139
64
51
93
36
281
57
70
46
49
143
52
30
60
34
49
47
25
50
90
38
33
60
55
52
153
32
45
26
23
35
43
21
24
23
27
25
64
21
20
55

2663

50.6(%)
50.5
32.7
43.7
33.9
34.6
43.5
38.3
38.1
23.5
38.6
23.6
26.1
43.6
30.3
35.9
34.7
32.9
28.3
33.6
37.6
32.1
31.8
31.3
21.3
31.7
14.3
21.7
20.4
31.1
22.5
19.5
30.2
25.3
26.5
23.3
16.4
2.0
35.5
22.3
19.1
26.7
20.9
16.6
21.6
24.6
18.4
30.9

Written by Tanigawa

2009/01/15 @ 21:03

カテゴリー: 教育