ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

MP,BP,GP:コイララ3兄弟

谷川昌幸(C)
ギリジャ・プラサド・コイララ(Girija Prasad Koirala)氏が3月20日亡くなられた。ガネッシュマン・シン氏逝去の際はカトマンズにいて,葬儀の様子を見守った。今回はデリーにいて,GP氏逝去を知ったが,デリーでは見た限りほとんど反応はなかった。力関係からして仕方あるまい。ガネッシュマン・シン氏の場合と比較して,ネパールの人々の反応はどうだったのだろうか?
 
GPの父クリシュナプラサド・コイララは,二人の妻との間に6男4女をもうけた。成人した5人の男子のうち,長男MP(1912-1997),次男BP(1914-1982),そして6男のGP(1925-2010)が首相となった。もっとも有名なのはBPだが,MPもなかなか優秀だったそうだ。コイララ家はたいへんな名家なのだ。
 
GPはノーベル平和賞に推薦されていた。マオイスト人民解放軍が国軍に統合され,新憲法が制定され,平和構築が予定通り進めば,これは国連平和構築のモデル・ケースたりうるから,GP氏にノーベル平和賞が授与される可能性は十分にあった。
 
GP逝去は,少し早すぎた。ネパール平和構築のためにも,ノーベル平和賞のためにも。
 
 
 ノーベル平和賞推薦記事の挿絵(KOL, Mar24)
 
 MPの文章を編集したもの(2008年刊)
 
 BPは共産党各派からも尊敬され,伝記・研究書多数。本書は1994年刊。
 
 出版年なし(2008年?)
 
 

Written by Tanigawa

2010/03/24 @ 20:53

カテゴリー: 政党

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。