ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

MS統合サービスの便利と恐怖

谷川昌幸(C)
今朝パソコンを開いたら,マイクロソフト関係ソフトの統合が一段と進行していた。ホットメール,ワード,エクセルなどが,ほぼ自由に行き来できる。
 
 
便利な反面,これは恐ろしい。自分のパソコン内の全データがネットを介して世界中にばらまかれるおそれがある。わが大学でも,赤面ものの個人文書が誤って全学に配信されることが,たまにある。当人は恥ずかしくて登校すらできない。
 
現在は個人データの大半は自分のパソコン内にあるが,MSはこれをMSサーバー側に移行させるつもりだ。こうなるともっと危険。個人情報は全部MS側のものとなり,C*Aなどが自在に検閲できるようになる。
 
今後は,可能な限りネットを切断してパソコン作業をし,データは孤立したハードディスクに保存すべきだろう。ネットは情報収集と,世間話だけに限定する。大切な用事は,手紙を使う。ローテク先祖返りである。

Written by Tanigawa

2010/07/30 @ 10:59

カテゴリー: 情報 IT