ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

失業とハゲタカ金融

谷川昌幸(C)
13日のnepalnews.comに,南アジア青年(15-24歳)の失業増加の記事が出ている。
 
 ■青年失業者数(百万人,2009, ILO)
   南アジア      15.3
   東南アジア     8.3
   東アジア      12.8
  
この不安なニュース記事の横に,派手な日本語広告があり,それをクリックすると,FX取引へと誘導される。FXとは,「外国為替証拠金取引」のことらしいが,要するにバクチ,素人が手を出すと破滅は必定。こんな危険な賭け事は,その筋の玄人さんに任せておくべきだ。
 
  (左)青年失業増加記事,(右)FX広告
 
そんなバクチ資本主義の広告が,Least Developed Countriesの一つたるネパールのネットに出される。まるでハゲタカのようだ。下欄のこの有名な写真と,見比べてほしい。精神態度において,資本主義とは,結局,どこでも餌をあさるこのハゲタカのようなものなのだ。
 
 ハゲタカと少女(K カーター/ピューリッツアー賞)
 

Written by Tanigawa

2010/08/14 @ 14:17

カテゴリー: 経済

Tagged with , , ,