ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

ブログ引越

谷川昌幸(C)

MSブログ廃止のため,やむなくこちらに引っ越してきた。アドレスは,すぐ確保しておいたので,nepalreviewがそのまま使える。https://nepalreview.wordpress.com/

まだ使用方法がよく分からないので,見ばえのしないブログになってしまうが,やむをえない。いずれ,自前のサーバーに設置せざるをえないだろう。

ところで,今日は,近所の若宮稲荷神社に無形民俗文化財「竹ン芸」を観に行った。子狐,男狐,女狐が,竹の上で芸を披露し,稲荷さんに奉納する。長崎らしい由緒ある祭りだが,こうした伝統行事の維持は,どこでも難しくなってきているようだ。

伝統的共同体は,たしかに息苦しく住みにくい。いったん近代的自由を手にすると,もはやそこに戻ることはほぼ不可能だ。民主党が「新しい公共」を唱えているが,まず無理であろう。

近代人は,砂漠の砂のように自由で,無味乾燥な世界で生きざるをえない。そして,ときが来れば孤独死を迎えるのだ。

若宮神社「竹ン芸」

若宮1

若宮2

Written by Tanigawa

2010/10/15 @ 20:42

カテゴリー: 社会, 文化

Tagged with