ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

プラチャンダ委員会も,屋上屋か?

谷川昌幸(C)

プラチャンダ氏を委員長とする憲法問題特別委員会が10月11日に設置され,大いに期待したが,これもはや機能不全,屋上屋のようだ。

10月30日の会合では,司法制度の基本方針が決められなかった。裁判官の任免や異動を決める独立司法委員会の長を誰にするかでもめているという。

憲法に関する未解決の論点は,驚くなかれ,まだ220もあるという。これでは,屋根に屋根をいくら重ねてみても,新憲法はできそうにもない。それでも,UNMINは来年1月15日で去っていくのだろうか?

Written by Tanigawa

2010/10/30 @ 22:24

カテゴリー: 司法, 憲法

Tagged with , ,