ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

自治区宣言・赤旗・女商売

マオイストは12月12日,シンドパルチョーク,ラスワ,ヌワコット(一部)をHelmu自治区と宣言し,Nima Lamaを代表(coordinator)に任命した。タマサリン自治州内の自治区となるそうだ。自治州には自決権も認められる。これはスゴイ! 一国二政府どころではない。ネパール爆裂だ。

それを報道するメディアもまた,飛んでいる。巨大マオイスト赤旗の下に,性的(セクシィ)中国女性紹介サイトの宣伝を掲載している。赤旗を振り振り女商売だ。

槌鎌の赤旗は,いまや女商品化のトレードマーク。それを許す中国は,さすが超大国,この程度のことに目くじらを立てることはない。この旗の下に某自治区が表示されると,烈火のごとく怒り,こんなちっぽけな資本主義の走狗などあっという間に圧殺してしまうであろうが。

 
赤旗の下のDate Sexy Chinese Womenをクリックすると右の性的中国女性紹介となる。ekantipur, Dec 14.

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2010/12/14 @ 11:00