ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

瀬戸際政治,首相選とUNMIN延長

ネパール政治はいよいよ切羽詰まってきた。15日でUNMIN任期切れ,とにかく決めねばならない。

首相選挙は,1月12日に第17回投票が予定されていたが,マオイストに加えUMLもポウデル候補に反対投票することを決めたため,NCは結局ポウデル氏擁立をあきらめ,何らかの挙国政権の樹立を目指すことになった。まだどうなるかわからないが,次の第17回選挙で新首相選出の可能性が出てきた。むろん,新首相候補を誰にするかで合意があるわけではなく,またまたどたばたの再現となるかもしれない。

もう一つが,UNMIN撤退問題。これもよくわからない。ランドグレン代表は,「最後の」記者会見で,もし当事者の合意があれば,UNMIN延長もあり得るとか,国連は今後3年間ネパールに関与し続けるとか説明している。安保理は,明日14日の会議で,ネパール情勢をみつつ方針を決定する予定とのこと。まさしく瀬戸際政治,難しいものだ。

いずれにせよ,この数日でなんらかの選択と決定がなされるだろう。目が離せない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/01/13 @ 22:45

カテゴリー: 平和, 政治

Tagged with ,