ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

マオイストの憲法案(3)

第1編は総則的な「序(Preliminary)」。憲法,主権,国民,国家,国語,国旗,国歌,国章が定義されている。

(1)憲法(第1条)
憲法が国家の最高法規。それはよいが,このマオイスト憲法案の最大の特徴の一つが,憲法の本質を完全に誤解していること。

憲法は,マオイストの嫌悪する中世封建制の頃から,権力を制限し人民の権利を守ることをもって本質としてきた。憲法を遵守すべきはまず国家権力の側なのだ。ところが,マオイスト憲法案では,むしろ人民の側に憲法遵守義務が課せられている。

「この憲法を擁護し憲法に従い責任を果たすのは,すべての人の義務である。」

権利よりも義務を優先させるのが,マオイスト憲法案の特徴。日本の改憲論者は,ネパール・マオイストに教えを請うべきだろう。

(2)国民国家(第3条)
「多民族,多言語,多宗教,多文化であり,かつネパール国民の独立・統合・国益・繁栄を希求しそれらへの忠誠の絆で結ばれているすべてのネパール人は,全体として,国民(the Nation)を構成する。」

これは暫定憲法と同じ。願いは分かるが,アイデンティティ政治を煽りつつ,国民統合を唱えるのは,火をつけながら消し回る(マッチポンプ),あるいはアクセルを踏みながらブレーキを踏むようなものであり,綱渡り的冒険である。

国家国民(the state nation)と国内諸国民(nations 諸民族)の関係が,整理されていない。

(3)ネパール国家(第4条)
「ネパールは独立・不可分・主権的・世俗的・不可触民禁止・全包摂的・社会主義志向・共和的・多国民的な国家である。」

あふれるばかりの盛りだくさん。特筆すべきは,やはり社会主義。人民民主主義だから,社会主義を目標として掲げるのは当然だ。

(4)国民の言語(第5条)
ネパールで話されている母語はすべて国民の言語。「国民の諸言語を平等に保護し奨励し発展させることは,国家の義務である。」

これも願いは分かるが,実際には不可能だ。そもそも少数民族自身が母語教育など希望していない。少し余裕ができれば,競って,敵性言語の英語を習わせているではないか。

本気で母語教育を目指すなら,英語帝国主義を粉砕し,資本主義を放棄すべきだ。英語学校乱立を放任しながら,母語教育など,笑止千万。

(5)国旗(第6条)
「ネパール国旗は多民族・多言語・多宗教・多文化・多地域の特徴をもつ連邦構造を表現するものとする。」

どこまで本気か? 偶像崇拝宗教と偶像否定宗教を一つの国旗に表現することなど,不可能だ。できもしないことを憲法に書き込んではいけない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/03/03 @ 10:06

カテゴリー: マオイスト, 憲法, 人権

Tagged with , , , ,