ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

マオイストの憲法案(15)

4(9) 不可触民差別および人種差別に対する権利
マオイスト憲法案第30条は,不可触民差別や人種差別を禁止している。カースト差別,人種差別は,1962年憲法第10条でも禁止されており,その規定がその通り適用されておれば,それらの差別はなくなっていたはずである。しかし,他の多くの規定同様,62年憲法第10条も実際には無視され,非道なカースト差別が続いてきた。

1990年民主化運動成功により成立した90年憲法では,第11条で「不可触民」差別禁止が明記され,具体的に「公共の場所への立ち入り拒否」や「公共施設の利用拒否」を明文で禁止した。

2007年暫定憲法では,14条(1)~(5)により,不可触民差別と人種差別を,憲法にそぐわないほど詳細かつ具体的に規定し禁止している。マオイスト案は,それを受けているが,一部マオイストらしさを出したところもある。

暫定憲法第14条
(1) カースト,出自,共同体または職業を理由とした人種差別または不可触民差別の禁止。差別者は処罰され,被害者は賠償される。
(2) カーストまたは部族を理由に,公共的な施設利用もしくはサービスを拒否すること,公共的な場所もしくは宗教的な場所への立ち入りを拒否すること,または,宗教的行為を拒否すること,の禁止。
(3) カーストまたは部族を理由に,商品やサービスの生産や提供を拒否することの禁止。
(4) カースト,部族もしくは出自を理由として,優劣を述べること,社会的差別を正当化すること,カーストの優劣もしくは憎悪の思想を広めること,または,他の形でのカースト差別を助長すること,の禁止。
(5) (2)~(4)に抵触する行為の処罰。

マオイスト憲法案第30条
(1) 上記(1)に対応。差別理由に「身体的条件」を追加。賠償規定なし。
(2) 上記(3)と同じ。
(3) 上記(4)に対応。差別理由に「不可触民」追加。
(4) 不可触民カーストを理由として,本人の意思に反する行為や仕事をさせ,差別することの禁止。
(5) あらゆる形の不可触民差別や他の差別の処罰と,差別被害者への賠償。

カースト差別禁止という点ではマオイスト憲法案と暫定憲法は同じだが,ニュアンスは微妙に異なる。全体的にマオイスト案では,不可触民差別禁止が前面に出ている。また,暫定憲法14条(2)が公共的な場所立ち入りやサービスの拒否を禁止しているのに対し,マオイスト案は職業の強制を禁止している。

カースト差別については,憲法にここまで細々と記述する必要は無いと思うが,62年憲法のような差別禁止の原則規定だけでは実効性がなかったことを考えると,可能な限り詳細かつ具体的に憲法に記述せざるを得なかったのだろう。

マオイスト人民戦争は問題も多いが,少なくともカースト差別や性差別をラディカルに批判し,差別撤廃へ向けて大きく前進させたことは,高く評価できる。

マオイストの「蛮勇」なくして,カースト差別や性差別撤廃へ向けてのこれだけの前進はあり得なかったと断言してもよい。ピューリタン革命の「首切り斧」,フランス革命の「ギロチン」,社会主義革命の「人民裁判」――歴史は残酷なものだ。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/04/16 @ 10:38