ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

駐日大使にマダンクマール・バタライ氏,閣議決定

ネパール政府は7月27日,Madan Kumar Bhattarai氏を次期駐日大使とすることを閣議決定した。バタライ氏は,外務次官。現駐日大使のGanesh Yonjan氏の任期は,11月12日まで。

しかし,議会は,「審理手続き規則2065」の改正手続き中を理由に,この大使人事の承認を留保している。

ヨンジャン大使の任期はまだあるのに,早々と次期駐日大使を閣議決定したのは,議会任期切れに伴う混乱の前に,現有権限を行使してしまいたいといった思惑が働いたからではないだろうか。

国家でもどこでも,人事こそが最大の権力行使である。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/08/04 @ 09:14

カテゴリー: 外交

Tagged with