ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

不動産バブル、まだ拡大中

加徳満都の不動産場バブルは、この20年間、少し勢いが衰えたときはあったものの、一貫して拡大してきた。

街の至る所に、豪華ビルが建設され、景気は絶好調。地価は長崎よりもはるかに高く、大阪よりも、たぶん高い。ウワサによれば、加徳満都の家を売り、ニューヨークに豪華邸宅を買ったとか。この不動産バブルは、出稼ぎ送金が続く限り破裂はしない。他に投資先が無いからだ。

しかし、問題は先述のインフレ景気に取り残された弱者。そして、バブルはいつか破裂するということ。弱者の不満爆発が先か、バブル景気の破裂が先か。難しいところに来ている。
建設中7階建てビル。足場は竹。

(c)谷川昌幸

Written by Tanigawa

2011/09/09 @ 23:36

カテゴリー: 社会, 経済

Tagged with ,