ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

マオイスト本部、突撃取材

9月13日午後、ネパール共産党毛沢東派(マオイスト)党本部への突撃ゲリラ取材を試みた。

マオイスト党本部は、市内の高台にある。リゾートホテル風の豪華な建物で、人民戦争を戦ってきたばかりの党の本部とはとても信じられない豪華さだ。玄関前にはピカピカの高級車が並び、守衛室―といっても民家3軒分はある―には、早やチャッカリの高級紳士がたむろしていた。
マオイスト党本部

相手は偉大な無産階級の党、私のような貧相プチブル―実態はともあれ、ネパールから見ればプチブル―などまったく相手にされないかと思っていたら、とりあえず中に入れてくれた。さすが、農民・労働者の党だ。

建物内は、外見と同じく高級、家具調度は渋く、ソファはふかふか。そして、壁にはもちろん農民・労働者の英雄的戦いを描いた革命的絵画が掛けてある。退廃ブルジョア抽象絵画ではない。
ヒマラヤの赤旗,血染めの憲法

待っていると、党幹部のM氏(元副首相)が会見に応じてくれた。お話には極秘情報も含まれているので、詳細は割愛。党内では左派に近いが、全体としてお話は極めて「友好平和的」「建設的」「現実的」であった。会見後、極秘資料をいくつかいただき、党本部を後にした。

マオイストは、いまやダントツのお金持ち政党といわれている。それは党本部ビルを見ただけでも、すぐ納得できる。10年余も、ジャングルで蚊やヒルや毒蛇に悩まされ、食うや食わずで苦しいゲリラ戦を戦ってきたのだ。ブルジョアどもが、無産人民から長年にわたり搾取してきた財産を取り戻し、貧困人民のため党本部として利用して、何が悪い。論理明快、さすがプラチャンダ議長の党だ。ますます好きになった。

マオイスト本部には、すでに外交官らしき西洋紳士が盛んに出入りしていた。先述のように、米帝はマオイストを「テロリスト・リスト」に掲載しつつ、バタライ政権成立を祝福した。テーブルの下で足をけりつつ、笑顔で握手する。これが本物の外交だ。

たまたまであろうが、日本人は一人もみなかった。もちろん、たまたまに決まっている。日本は世界に冠たる外交大国だからだ。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/09/16 @ 20:35

カテゴリー: マオイスト, 外交, 憲法, 政党, 人民戦争

Tagged with