ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Archive for 11月 2011

青蔵鉄道のルンビニ延伸計画

青蔵鉄道をチベット・ラサからカトマンズ経由でルンビニまで延伸する計画については,ネパール国内よりもむしろインドで大きく報道されてきた。それを受けてであろうが(直接参照は29日付レパブリカ記事),朝日新聞がニューデリー武石特派員の関連記事を図解入りでかなり大きく掲載している。

青蔵鉄道ルンビニ延伸計画は,いうまでもなくプラチャンダ議長(ルンビニ開発国家指導委員会委員長)のルンビニ開発計画の一環であり,もしこれが実現すれば,ネパールは北方経由の物流網を確保し,インドの軛からの脱却に向け大きく一歩前進する。

中国にとっても,開発余地の大きいタライや,その先のインド巨大市場への橋頭堡となり,経済的,政治的,軍事的メリットは大きい。

ルンビニ開発は,ネパールと中国の双方にとって利益があり,しかもどうやらアメリカ,韓国,そして国連すらもそれぞれの思惑で加担しているようなので,実現の可能性は十分にある。

これに危機感を募らせるのが,インド。今後のネパール情勢にとっては,人民解放軍解体と没収土地返却で体制内化へ雪崩を打つマオイストよりも,むしろインドの出方の方が要注意であろう。インドはどう動くのか?

 朝日新聞2011.11.30

【参照】
2011/10/19 ルンビニ開発とプラチャンダと中印米権力政治
2011/10/26 プラチャンダのルンビニ開発とバブラムのBIPPA,または中印覇権競争
2011/10/27 プラチャンダのルンビニ開発,国連をも取り込む
2011/11/04 ルンビニを国際平和都市に,プラチャンダの野望
2011/11/05 ルンビニ開発に2百万ドル拠出,韓国
2011/11/06 ルンビニ開発と国連事務総長選挙
2011/11/09 ルンビニ開発も新国際空港も韓国
2011/11/11 国連に赤旗,プラチャンダの勝利

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/11/30 at 10:07

制憲議会半年延長と人民解放軍解体

第11次改憲案が可決され,制憲議会任期が6ヶ月延長された。賛成505,反対3。最高裁は,これを最後の延長と判決しているので,5月末までに新憲法を制定しなければならない。といっても,また延長の可能性がない訳ではないが。

一方,人民解放軍も雪崩を打ってグループ分けに参加,幹部たちはそろって軍統合を希望した。

希望状況(28日現在)
 国軍統合:8738人,除隊給付金希望:7031人,社会復帰プログラム希望:5人,計15774人

国軍統合希望が,予定人数6500人を超えたが,この程度であれば,調整可能だろう。人民解放軍は解体に向かっている。

これは,プラチャンダ議長,バブラム首相らマオイスト主流派の勝利といってよい。この調子では,没収土地の返却も進むかもしれない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/11/29 at 22:04

返却土地、バイダ派が再没収

バイダ派マオイストが、、主流派マオイストにより地主BD.チャンド氏(コングレス)に返却させられた土地を、再没収した。

各紙報道によると、11月25日、「全国農民組合-革命派」が没収された土地に立ち入り、再没収を宣言、党旗をたてた。

ところが、翌26日、直ちに警官隊が派遣され、党旗は撤去されたが、土地がどうなるかは、まだわからない。現地では緊張が高まっているという。

没収土地は、これ以外にも多く、10年以上経過しているものも少なくない、返せといわれても、耕作農民はそう簡単には返せないだろう。もしマオイストが分裂するとするなら、人民解放軍解体とともに、この土地返却がその大きな要因になるにちがいない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/11/27 at 10:23

カテゴリー: マオイスト, 社会, 経済

Tagged with ,

土地返却とPLA解体,マオイスト反主流派劣勢

このところ,予想外に,バイダ副議長,タパ書記長らのマオイスト反主流派が劣勢だ。

1.土地返却
マオイストの大義中の大義「耕作者の土地」の地主への返却が始まった。ekantipur(Nov25)によると,バルデヤ郡の農民28人が土地30ヘクタールを地主のBD.チャンド氏に返却させられた。立ち会ったのは,マオイスト・NC・UML各代表,地方行政府代表ら。

地主のチャンド氏は,紛争中は,地代(年貢)を全く受け取れなかったが,和平成立後,ようやく収穫の1/3が受け取れるようになったという。バルデヤ郡では,600haが没収されており,244人が返還請求中。

それにしても,チャンド一族は30ヘクタールもの農地を持ち,28人に小作をさせている。現在はカトマンズ在住。マオイスト理論からすれば,封建地主の見本のような家族だ。その不在地主に,マオイストも立ち会い,土地を返却させた。和平成立後の年貢1/3も,おそらく元の1/2に戻されるだろう。

マオイストは本気だろうか? それとも,象徴的なセレモニーにすぎないのか?

2.人民解放軍解体
人民解放軍(PLA)の解体も,予想外に順調に進んでいる。

先の「7項目合意」で,PLAの国軍統合人員は6500人以内と決められた。他は社会復帰。このPLA解体案に従い,現在,駐屯地収容戦闘員の組み分けが進められている。明日,27日に完了予定。

戦闘員の組み分け(11月25日現在)
国軍統合希望 5,254人; 給付金支給希望 3,777人; 計 9,031人

国連認定戦闘員は約1万9千人だから,あと1万人ほど残っているが,駐屯地にはそれほどはいないらしい。かなりの戦闘員が,駐屯地から抜け出し,どこかで何かをしている。マオイスト幹部が,早く戻れと命令しているが,さて,何人戻るか?

いずれにせよ,国軍統合枠6500人に対し,応募5254人だから,「脱走兵」が大挙原隊復帰しなければ,PLA解体は順調に進むことになる。

3.劣勢のマオイスト反主流派
このように,バイダ副議長,タパ書記長らのマオイスト反主流派は,いまのところ劣勢だ。これで,もし制憲議会が6ヶ月延長されれば,マオイスト体制派(既得権益享受派)は万々歳であり,「反革命」がさらに進行するであろう。

ひょっとして,王政復古となったりして。

【参照】没収地返却拒否,マオイスト反主流派
没収財産を返却せよ,プラチャンダ議長
和平7項目合意成立,プラチャンダの決断

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/11/26 at 11:32

国家再構築委員会,2ヶ月以内に答申

22日の閣議で「国家再構築委員会(SRC)」の委員8名が指名され,2ヶ月以内に国家再構築案(州区分など)を作成することになった。

■SRC委員
Krishna Hachhethhu, Surendra Mahato, Steila Tamang, Malla K Sundar, Dr. Bhogendra Jha, Sarbaraj Khadka, Dr.Ramesh Dhungel, Dr. Sabitra Gurung

これは,要するに州の線引き,作図であり,その気になれば,すぐ出来る。ニューデリーに原図があるなら,コピーするだけ。難しいのは,それを受け入れるかどうかということ。

あるいは,ひょっとすると,これは制憲議会任期の3ヶ月延長のための口実かもしれない。

Ps. いま見たら,制憲議会任期延長は,なんと6ヶ月だという。SRCは,それほど立派な口実だということ。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/11/24 at 17:46

カテゴリー: 議会, 憲法

Tagged with , ,

没収地返却拒否,マオイスト反主流派

各紙報道によると,マオイストのタパ書記長は,没収分配土地は十分な補償なしには返却しない,と語った。「土地を耕作者に!」は,人民戦争のスローガンであった。プラチャンダ議長やバブラム首相は,この革命の大義に背いているというのだ。

その一方,バイダ派は,新たに地主土地の没収も始めたらしい。ヒマラヤン(22日)によると,コングレスのカリコット郡代表の土地をバイダ派が没収したが,警察は傍観しているだけだったという。

バイダ派地区代表によると,彼らは,人民が収穫した米の半分を持ち帰った地主から,それを人民に返させただけだという。そうかもしれないが,収穫米の全部を耕作者のものとするのであれば,土地没収と結果的には同じだ。

この説明が事実だとすると,収穫米の半分を年貢として取り上げる地主に対し,マオイストが小作人の側に立ち闘っていることになる。

収穫の半分が年貢! 日本の小地主の一人としては,何ともうらやましい話しだ。わが村では,からり以前からマイナス地代(礼金を払って耕作していただく)となっている。こんなことなら,政府肝いりの「研修労働者制度」によりネパールから農民を招き,わが田畑を耕作していただいた方がはるかにましだ。年貢は10%程度でよい。50%もとられるネパールに比べたら,はるかに有利だ。今度ネパールに行ったら,「日本で農業を!」と大々的に宣伝してみるつもりだ。

いずれにせよ,バイダ派は耕作農民のために,年貢50%を取っているらしいコングレス派地主と闘っている。10数年前と同様,その限りではバイダ派に正義がある。新人民戦争が始まるかもしれない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/11/23 at 12:00

没収財産を返却せよ,プラチャンダ議長

「7項目合意」に基づく没収財産の返却作業が始まった。これは人民解放軍解体以上の難問。うまくいくか? あるいは,そもそも,こんな反革命的なことをマオイストがやってよいのか?

各紙報道によると,11月20日,プラチャンダ議長は,NCのシタウラ書記長,UMLのゴータム副議長とともに,バルデヤ郡に入った。ここは,没収財産が最多の郡だそうだ。没収農地は1190ビガー(809ha),返却要求している地主は242人(家族)。土地配分を受けた農民数は不明。(地主の代わりに地域マオイストが地代=税金を取っているのかもしれない。)

没収財産のうち,党機関や他の関係集団が占有使用している建物等については,返却は比較的容易であろう。難しいのは,やはり農民に配分され,使用されている農地の返却。「農地解放」を10年後に取り消し,元地主に返却させるようなものだから。

土地を返却した農民には補償金を払うというが,金額も,あるいはその約束が守られるかさえも,はっきりしない。バイダ副議長らマオイスト反主流派は,もちろん断固反対。

しかし,そこはプラチャンダ議長,配分土地の返却は強行しない,と微妙な含みをもたせている。また,補償金など,すぐお隣のルンビニ開発の巨大利権からすれば,雀の涙。偉大なる世界的政治家,プラチャンダ議長からすれば,ほんのささいな些事にすぎないのだろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/11/21 at 11:02

カテゴリー: マオイスト, 社会, 経済

Tagged with , ,