ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

ソニーリーダーの実用性?

ソニーリーダーPRS-650を買った。苦学生・労働者の味方,生協特価9800円也。

ソニーの展開するネット書店はまだ貧相で,ebook購読は想定外。主目的は,ネットの文字情報をダウンロードし,読むためだ。

これまで,ネットの新聞や評論は,ざっと見るときはパソコン・モニターで,じっくり読むときは印刷して,読んでいた。しかし,パソコン・モニターは目に悪いし,印刷は紙とインクがもったいない。そこで,ソニーリーダーを買ったわけだ。

画面はB5の1/4ほど(6型)。Eインク(電子ペーパー)のため,電池はほとんど消耗せず,1充電で1万頁ほど読めるそうだ。また,目も疲れない。その限りでは,リーダーは使いやすい。

しかし,いかんせん画面が小さい。テキスト・ファイルの文字情報を横長画面表示で読んでいるが,表示文字数が少なく,前後関係を見ながら熟読することは出来ない。書籍には,はるかに及ばない。

現段階では,ソニーリーダーはまだおもちゃ。少し内容のある文章になると,使いものにならない。逆に言えば,もしこのようなリーダー(あるいは同様のモバイル情報機器)による読書が一般化すると,内田義彦のいう「浅読」「浅信」が世にはびこるようになる恐れがある。これは恐ろしい。

ソニーには,もう一頑張りし,せめて15インチ,できれば24インチ位のEインク・リーダーを発売していただきたい。24インチで2ページ表示できるようになれば,本格的な読書用として普及するにちがいない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/01/05 @ 19:56