ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

ダリット結婚祝儀,10万ルピー

小さいが興味深い記事が,nepalnews.com(Feb8)に掲載されている。政府が,ダリットと他カーストとの結婚に10万ルピーを支給するという政策の継続を決定したのだ。

10万ルピーは大金だ。それほどの大金を結婚祝いとして国家が支給する。目的は,ダリットと他カーストとの結婚の促進。これは革命的政策だと感心する一方,そうせざるをえないほど厳しい差別の下に,いまなお置かれているダリットの境遇が思いやられる。

たとえば,革命後の2010年6月,サプタリのダリット家族が,他カーストとの結婚を理由に,村から追放された。ダリット家族の男性が,チョーダリの娘と結婚したところ,娘の家族から殺すと脅迫され,上位カーストの人々からは暴行を受け,村を追い出され,マオイスト事務所に保護されたという。

もっとも,この件では,いささか引っかかる点もある。結婚相手のチョーダリさんが,ダリット男性の第二夫人だということ。ダリット男性には第一夫人がありながら,若いチョーダリさんを第二夫人とし,しかも郡裁判所がそれを正式に認めた。2010年のことだ。ネパールでは,革命後も,第二夫人が実際には合法なのだ! (ネパール男性との結婚を考えている女性の皆さんは,その辺の事情をよく考え,行動していただきたい。)

しかし,それはそれ。ダリットと他カーストとの結婚が上位カーストから忌み嫌われ,迫害されていることは事実である。だからこそ,ダリットとの結婚には奨励祝い金が支給されているのだ。

こうした革命的な積極的格差是正措置には,もちろん他カーストからの嫉妬が絶えない。たとえば,バフン(ブラーマン)やチェットリ(クシャトリア)は,政府の逆差別により今では自分たちがダリットないし不可触民のような境遇に貶められている,といって不満を募らせている。

たしかに,革命後政府の少数民族・被差別カースト優遇策を見ると,彼らが非難するような側面が一部あることはたしかだ。しかし,長年の過酷な差別を解消して行くには,想像を絶するエネルギーが必要である。どの革命も,「行き過ぎ」なしには達成されなかった。

それが歴史だとすれば,ダリットと他カーストとの結婚祝い金10万ルピーは,歴史の必要としての「行き過ぎ」といってよいだろう。ダリットとの結婚祝い金10万ルピーは,支給されてしかるべきである。

* nepalnews.com, 8 Feb 2012;27 Jan 2010.

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/02/09 @ 14:57