ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Archive for 3月 2012

西セティ・ダム,さらに紛糾

西セティ・ダム問題がますます紛糾し,わけが分からなくなってきた。西セティダム建設は,2月29日,エネルギー省が競争入札なしで中国三峡公司と事業覚書(MoU)を締結した。これに対し,非難噴出。
  ・このダムはネパールが自力で建設できる。
  ・財務省もネパール投資銀行(NIB)も事前に知らされていなかった。
  ・エネルギー省カルキ事務局長には協定締結権限がない。
  ・競争入札ではなく,中国企業を特別扱いした。
議会調査委員会は,5月28日まで期間延長し,調査するという(ekantipur, Mar25)。

この記事通りだとすると,ネパール政府は,ほとんど当事者能力を失っている。協定署名者の職務権限が怪しいようでは,もはや外国からは相手にされない。

中国や韓国のように果敢にリスクを取る覚悟があれば別だが,そうでなければ,日本などは手を引くのが賢明だろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/03/27 at 14:46

カテゴリー: 経済, 中国

Tagged with , , ,

イスラム固有の権利

西洋の無責任な包摂参加原理主義・連邦制原理主義のせいで,アイデンティティ政治の危険性がますます高まってきた。

短い記事だが,リパブリカ(2012-3-22)によると,ネパール・マドラサ連合は,イスラム固有のアイデンティティを認め,新憲法にムスリムとしての権利を書き込むよう要求している。

彼らによれば,ムスリムは「マデシ」ではない。新憲法は,ムスリムをムスリムとして認め,政府諸機関等にすべて人口比に応じたムスリム枠を設定すべきだという。

マドラサ連合は,もしこのムスリムの要求が認められなければ,街頭に出て抗議活動を始めると警告している。

これは,警戒すべき動きだ。そもそも宗教は神々のものであり,歴代のネパール統治者は最大限の慎重さをもって扱ってきた。それは,たしかに差別抑圧の構造化・内面化の側面をもつ。しかし,だからといってパンドラの箱を不用意に開けてよいということにはならない。

にもかかわらず,パンドラの箱は,包摂参加原理主義・連邦制原理主義によって開けられてしまった。まず飛び出したのが仏陀。仏教は,王政打倒のシンボルとしてさんざん利用され,いまや準国教の特権を享受している(「ルンビニ観光年2012」をみよ)。が,そんな仏教革命共和国がいつまでも続くわけがない。ヒンドゥーの勇敢な神々が反撃を始めるだろうし,キリスト教の神も勢力を急拡大している。

そして,いまイスラムの神も,声を上げ始めた。彼ら,ムスリムの要求は,包摂参加民主主義の原理からすれば100%正当であり,認められて当然である。とすれば,クリスチャンは,ヒンドゥーは,・・・・どうなるのだろうか?

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/03/23 at 09:37

カトマンズ鉄道建設も韓国

カトマンズ首都鉄道5路線の建設計画が,発表された。環状道路内4路線,環状道路沿1路線。ラトナ公園が中央駅となり,一部地上,一部地下路線となる。

建設計画の中心は,もちろん日本ではなく,韓国。アジアにおける開発援助の中心は,日本から,韓国や中国に移り始めたようだ。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/03/22 at 09:47

カテゴリー: 経済

Tagged with , ,

西セティ・ダム建設,紛糾

中国企業(三峡公司)が受注した西セティ・ダム建設をめぐって議論が紛糾している。議会委員会が,競争入札でないのは不透明だと調査を始めたのに対し,中国企業は,そんなことをいうのなら撤退だ,と強腰だ。

興味深いのは,この住民移転強制・自然破壊ダムの建設を強行しようとしているのが,マオイストで,調査を要求しているのがNCなど野党側だということ。

マオイストは,「人民」も「自然」も「民主主義」もそっちのけで,早く建設を承認しないと,中国企業が撤退してしまうと,調査打ち切りを強硬に要求している。まるで「人民」の敵がマオイスト,味方がNCのようだ。

報道はされていないが,これは一種の中印代理戦争ではないか? 西ネパールの敏感地帯に中国企業が巨大ダムを建設する。インドからすれば,面白くないだろう。

中国援助ダムに沈黙のNGOとマオイスト

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/03/20 at 10:25

カテゴリー: インド, 経済, 中国

Tagged with , ,

プラチャンダご令息のエベレスト計画,頓挫

プラチャンダ議長のご令息プラカシ氏が,他のマオイスト同志10人と「ルンビニ・サガルマタ平和隊2012」を組織し,エベレスト(サガルマタ)登頂を目指すことになった。世界最高峰に赤旗がひるがえるのは壮観であり,はるか下界にルンビニのパン国連事務総長見下ろす,というその心意気は諒としたい。さすが,英雄プラチャンダ議長のご令息だけのことはある。

マオイスト政府も,この登山計画を高く評価し2千万ルピーの国費支援をすることにした。ネパールの「輝ける道」(「プラチャンダの道 Prachada Path」ともいう)がエベレストに達する記念すべき事業だから,これも当然だ。

ところが,どこにでも了見の狭い小人はいるもので,プラカシ登山隊への国費支出に対し,ねたみ,ひがみタラタラ,NC,UMLなどから文句が噴出した。また,栄光登山から外された身内のYCLからも,恨み節が聞かれ始めた。

NC系学生団体NSUにいたっては,いやがらせに支援キャンペーンをやり,2千万ルピーを集め,登山隊に寄付するという。まるで,漫画のような抗議運動だ。

もし登山隊の先頭に立つのがプラチャンダご本人なら,そんなひがみ,ねたみなど意に介さず,NSUが2千万ルピーくれるというのなら,「はい,ありがとう」といって受け取り,国費2千万ルピーと合わせ,豪勢にエベレスト登山をするだろう。豪華であればあるほど,箔がつく。

この「世界に輝けるネパール」を目指すプラチャンダ人民王に対し,首相のバブラム氏は、有能ではあるが,民草の1人にしかすぎない。ちまちま世俗的な心配をし,公用車にはネパール国産ムスタン車を使用,国連出張にもエコノミーを利用する。しかし,小国首相(実質的元首)がエコノミーを使用したら,貧乏くさく,惨めなだけだ。お金が無いのだな,おかわいそうに,と同情を引くだけ。

これに対し,エベレストに赤旗を立て,矮小資本主義諸国を見下ろし,国連をもひれ伏させることを目指すのがプラチャンダ登山隊――希有壮大,夢がある。2千万ルピーくらい,安いものだ。

ところが,残念ながら,登山隊を実際に率いるのはプラカシ人民皇太子。世間の批判にたじろぎ,たちまち腰砕け,国費2千万ルピーを辞退してしまった。こりゃダメだ。登山はするであろうが,私費と国費では重さが違う。そこのところが,人民皇太子には分かっていない。が,2代目だから仕方ないだろう。

■”Govt decision to aid Dahal son’s Everest team draws flak,” ekantipur,MAR 16
■”Dahal son’s Everest team to get crores,” 2012-03-17,HIMALAYAN NEWS SERVICE
■”Frugal PM Gives Rs 20m For Maoist Everest Bid,” myrepublica.com, March 17
■Binod Ghimire,”Country outraged by ‘birth of new princelings’,” ekantipur,MAR 18
■”NSU collects symbolic donation for Dahal’s son,” ekantipur,2012-03-18 04:35
■”Dahal’s son to reject govt’s aid,” ekantipur, MAR 18

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/03/19 at 10:51

IT企業に丸裸にされる市民

グーグルの新サービスに対し批判が高まっている。アクセス情報の一元管理により,たとえば○○が過激派サイトを見た後,△△にメールを送った,といったことが簡単にわかるらしい。これは世界規模の市民総背番号制であり,スマホなどのGIS情報とも組み合わせると,世界中の人がすべて丸裸にされる。

これはたまらん,ということでグーグルが攻撃されているわけだが,技術的には可能なわけで,たとえグーグルがやらなくても,他のIT企業がやるにちがいない。ネットやスマホを使う以上,プライバシーは放棄したものと観念せざるをえないだろう。

早い話が,たとえば,このブログ。無料なのに,なかなかサービスがよい。アクセス情報もかなり詳しく,検索用語からリンク元,それに最近はアクセス地域まで教えてくれる。これを見ると,日本が一番多いが,この日はネパール23,米国4,フランス2,タイとカナダ各1となっている。

IT素人でよくは分からないが,知識さえあれば,国内のどの地域からか,あるいはアクセス元は誰かまで,分かるのだろう。いやはや,すごい時代になってきた。素人でも日常的にこんなことができるのだから,グーグルが世界中の市民を丸裸にすることは,もはや止めようがないだろう。

 ■このブログへのアクセス情報

上から「アクセス国」「検索/リンク元」「検索キーワード」(3月15日)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/03/16 at 09:50

訪ネは正当,国連弁解

クルチャンドラ・ゴータム氏の手厳しい批判がこたえたのか,国連側が必死になって弁解している。
  ■”Peace process Ban’s key agenda,” ekantipur, 2012-3-15

記事によると,パン国連事務総長の4月末訪ネの主目的は,和平促進だ。国連は,2006年以来,ネパール和平を支援し,2011年のUNMIN撤退後も,関与し続けてきた。

「パンはルンビニのためだけに来ると考える人がいるとすれば,それは事実に反する。」

国連はかなり怒っている。そりゃそうだ。ゴータム氏の批判は,正確に急所を衝いているからだ。

小国ネパールが,国連や中国,韓国を相手に,堂々と論戦を挑む。立派なものだ。ネパール外交からも学ぶべきものは多い。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/03/15 at 10:07

カテゴリー: 外交, 平和

Tagged with ,