ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

中国援助ダムに沈黙のNGOとマオイスト

1.西セティ・ダム概要
中国援助の西セティ・ダムの建設が決定した。国際入札ではなく,ネパール政府が中国企業(三峡公司)と契約した。
  ・16億ドル
  ・750MW
  ・権益:中国企業75%,ネパール電力局25%
これはもともとインドが関心を持ち,発電電力も大半をインドに送ることになっていたが,政情不安や資金難のため頓挫していた。

ここに中国が目をつけた。極西部は地政学的にインドにとって極めて重要なところであり,もしこのダム建設が成功するなら,中国にとって,それは経済的というよりはむしろ政治的な勝利といってよいだろう。

 ▼建設予定地(ABD環境アセス2007より)

2.沈黙のNGOとマオイスト
ここで不思議なのが,環境NGOや人権NGO。かつて日本などがダムを建設していた頃,欧米系NGOが,環境や人権を理由に,さかんにダム建設反対を叫んでいた。そして,これに負けじと,マオイストも唱和し,あちこちでダム建設を妨害した。

西セティ・ダムは,「ABD評価」によれば,2326haの土地を必要とし,1599家族,12914人が立ち退きを迫られる。巨大事業だ。それなのに,環境・人権NGOやマオイストからの反対の声は,いまのところ,ない。

あの麗しき自然愛,人類愛は,いったいどこに行ったのだろう? 中国が怖いのかな? あるいは,体制側になったら,利権があまりに美味しく,地域住民や環境のことなど目に入らなくなったのかな?

3.身勝手で卑怯なNGO
欧米系の環境・人権NGOの中には,遺憾ながら,一部身勝手で卑怯なものがある。たとえば,捕鯨反対。私自身,日本が南氷洋くんだりまで出かけ,姑息な「調査捕鯨」をやることには反対だが,だからといって,反捕鯨NGOのやり方は度が過ぎる。

ましてや,和歌山までやってきて,伝統的な沿岸捕鯨をやっている地元漁民を一方的に攻撃するのは,正義・公正に反し,絶対に許せない。

そんな情熱があるのなら,なぜ沖縄に来て,ジュゴンを守るため普天間基地建設に反対しないのか?(まともなNGOは,むろん,その多くが基地建設反対を闘っている。) 米軍(日本政府パトロン)は怖くて実力行使できないが,和歌山の漁師ならたいした抵抗も出来ないだろうから,大向こう受けを狙って派手にやってやれ,というわけか。

ヒマラヤの環境保護や鯨・イルカ保護は大切だ。しかし,保護運動にも,最低限度の公正さは,不可欠であろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/03/04 @ 15:28

カテゴリー: 経済, 外交, 中国

Tagged with , , ,