ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

バブラム挙国内閣、午後5時成立予定

新憲法制定のための挙国内閣が、午後5時成立予定。といっても、いつものように遅れるのは必定、深夜になるのではないか。

とにかく切羽詰っている。27日が憲法制定期限なのに、州の画定、大統領制か否か、真実和解委員会の役割など、根本的なものを含め、未解決の課題が山積している。こりゃ、どうにもならん、ということで、これまたいつものようにインドに駆け込み、裁定をお願いしたらしい。

しかし、インドの裁定があったにせよ、まだまだもめそうだ。マオイスト内ではバイダ派が分派活動を激化させそうだし、UMLにいたっては常任委員の多数が反対だという。

尻に火がついているが、ぎりぎりまでどう決着するか、まったく予断を許さない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/05/05 @ 22:30

カテゴリー: 議会, 憲法, 政党

Tagged with ,