ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

バブラム挙国内閣,発足

5月5日夜,バブラム・バッタライを首相とする挙国内閣が,発足した。就任宣誓をしたのは,11大臣。

 ・首相:バブラム・バッタライ(M)
 ・副首相:ナラヤンカジ・シュレスタ(M)
 ・副首相:ビジャイ・ガッチャダル(UDMF)
 ・(副首相:未定,NC)

他の大臣については,詳細はまだ不明。先の主要政党合意では,M7(首相1,大臣6),NC6,UML6,UDMF6,他政党2の計27大臣とされている。

いま窮地に立たされているのが,UML。党内に参加反対が強く,名簿が出せない。もし参加しなければ,新憲法制定のカヤの外に置かれ,しかも和平ぶち壊しの責任を問われる。逆に,参加すれば,M=NC連合に屈服したと責任追及される。

マオイストも,バイダ派の反対が強く,敵の敵は味方というネパール政治の常套手段を使うなら,バイダ派=UML共闘により挙国内閣を阻止するということもあり得る。

UMLが本当に参加するかどうか? 新憲法制定の成否は,逆から見れば,UMLが握っているともいえる。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/05/06 @ 19:36

カテゴリー: 議会, 政党

Tagged with , ,