ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

エベレストに赤旗,マオイストの快挙

エベレストを征服し,赤旗を立て,世界最高峰の高みから世界マオイスト革命を指導する,というのがネパール毛沢東主義派の立党以来の目標だった。その念願が,5月26日,ついに達成された。

英雄プラチャンダ議長の名代,プラチャンダJr(プラカシ・ダハール)を中心とする総勢15人のマオイスト登山隊が,「ルンビニ=エベレスト平和行進2012」を掲げ,エベレスト登頂に成功したのだ。

マオイスト登山隊は,「ルンビニの土」とネパール国旗・マオイスト党旗をもって登頂した。ブルジョア反動メディアは報道していないが,おそらく山頂で国旗と赤旗(党旗)を掲げ,「ルンビニの土」つまり「仏舎利」を奉納したのではないだろうか。国家と党と仏陀! さすがマオイストは偉大だ。

少々残念なのは,時期がいささか悪かったこと。本来なら,マオイスト主導下に新憲法が制定され,ルンビニでは国連事務総長をはじめ世界の著名指導者多数を招き「仏前平和祭典」が賑々しく開催されているはずであった。ところが,無念なことに,反動勢力に妨害され,いずれも水泡に帰し,ネパールは目下,大混乱,戒厳令か国家解体かの瀬戸際にある。せっかくの登頂が,台無しにされてしまった。

しかし,そこはマオイスト,この逆境だからこそ,エベレスト登頂の意義もあろうというもの。世界最高峰に党旗をたて,マオイスト革命を訴えかける。さすがイデオロギー政党,健気なものだ。こうした不屈の信念があったからこそ,王制打倒,封建制解体,カースト・ジャナジャーティ差別撤廃,女性蔑視禁止などの偉大な目標が多数達成されたのだ。

マオイスト設立の頃,エベレストに赤旗を立てることを党是に組み込んだのが誰であったかは定かではないが,こうした無邪気な,しかしそれだけに人心を巧みに捉えることができるスローガンを思いついたのは,おそらくプラチャンダであろう。

自分の息子に「赤旗」と「仏舎利(ルンビニの土)」を持たせ,エベレスト山頂から「マオイスト革命」と「平和」を世界に向かって訴えかけさせる。こんな奇想天外な,愉快な大事業をやれるのは,われらが英雄プラチャンダ以外にはありえない。

プラチャンダの道(Prachanda Path)」は,エベレストの高みに達した。プラチャンダ議長,万歳!

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/05/27 @ 19:39

カテゴリー: マオイスト

Tagged with , , ,