ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

マオイスト親政,平和革命への序曲か?

制憲議会が,大方の予想に反し,何もきめられないまま,5月27日をもって任期満了・解散となった。暫定憲法も予想しない,異常事態である。

任期満了の1時間前(午後11時頃),バブラム・バタライ首相は閣議を開き,ポカレル副首相(UML),カプン大臣(RPP)など非マオイスト大臣の反対で同意が得られないのを押し切り,一方的に,11月22日に新しい制憲議会構成のための選挙を実施することを決定した。

この決定には,NC,UML,マデシ権利フォーラムなど,マオイスト以外のほぼすべての政党が反対している。いや,そればかりか,マオイスト内急進派のバイダ派ですら,反対声明を出した。いまや政府与党は,プラチャンダ=バブラム主流派マオイストだけである。

制憲議会が任期満了で自然消滅した場合,統治はどうなるのか?

■憲法
現行「暫定憲法2007」は,新憲法が制定されるまで効力を有する(前文)。したがって,憲法自身,予想していなかった事態とはいえ,無法状態にはならない。
■大統領
新憲法が公布施行されるまで在職する(第36条)。
■司法(最高裁)
最高裁長官任期は6年だが,大統領任命であり,当面,存続に支障はない。
■首相
一般に,議会解散の場合,次の議会で新首相が選任されるまで,現首相が任務を継続する。が,今回は異例であり,そうした憲政の常道に当てはまるかどうか微妙。
 ・暫定憲法はこのような形での制憲議会再選挙をまったく予想していない。
 ・マオイスト主流派単独で,一方的に,11月22日選挙を決定した。

以上のことを考え合わせると,現状では,最も正統性があるのが司法(最高裁),次に大統領であり,首相には正統性はほとんどない。この状態でバタライ首相が統治し続けるなら,それは「マオイスト親政」と考えてよいであろう。

このマオイスト親政に対し,NC,UML,マデシなどは,より正統な権力である司法(最高裁)と大統領をつかって抵抗を試みるであろう。最高裁に11月22日選挙実施決定を違憲と訴え,大統領には法令認証署名拒否を働きかける。あるいは,暫定的な大統領統治を要請するかもしれない。

いずれにせよ,議会という民主的正統性の根源が消滅したのだから,よほどうまくやらないと,大混乱は免れない。マオイスト親政は国王親政よりもましかどうか? NC,UMLは,マオイストの力を借りて国王親政を打倒したが,では,マオイスト親政になった場合,南の誰かの力を借りることなく,この新たな親政を打倒できるか否か?

あるいは,マオイストは,巧まずして転がり込んできた絶好のチャンスを利用し,人民民主主義=マオイスト独裁を達成できるか否か?

マオイスト登山隊がエベレストに立てた赤旗は,あるいはマオイスト平和革命開始の世界へ向けての宣言であったのかもしれない。

▼ 2012/05/27 エベレストに赤旗,マオイストの快挙

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/05/28 @ 19:05