ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Archive for 6月 2012

民族対立扇動非難に弁明,DFID

ネット版カンチプール(6月28-29日)によれば,訪ネ中のアラン・ダンカン英国国際開発大臣が,民族対立を扇動していると非難され,弁明に追われている。

イギリスを始め先進諸国や国際機関が,包摂参加民主主義の理念を押しつけ,民族連邦制を支援していることは周知の事実。民族(nation)は劇薬中の劇薬であり,欧米自身,幾度も手を出しては地獄を見てきたはずなのに,無責任にもネパールに持ち込み,案の定,二進も三進もいかない政治危機をもたらしてしまった。

これに対し,旧体制特権諸集団が非難の声を上げ始めた。英国国際開発省(DFID)など援助諸機関は,先住諸民族,下位カーストなどを援助し,民族州を支援することにより,民族対立・コミュナル紛争を扇動している,けしからん,というのだ。

ここで難しいのは,伝統的な支配カースト・支配諸民族には,そのようなことをいう資格はないということ。彼らこそが,旧体制下で長らく下位カースト・少数諸民族を差別・抑圧し搾取してきた張本人だからである。彼らに対し,被抑圧カースト・諸民族が権利を主張し,体制転覆を図るのは当然である。

しかし,この被差別カースト・諸民族の権利要求をどのように実現していくか,その具体的な手順は難しい。手っ取り早いのは,民族意識,コミュナル感情に訴え,集団としての権利を覚醒させ,そのために闘わせること。これは火をつけやすく,爆発的に拡大する。体制破壊にはこれ以上強力なものはない。しかし,それは本質的にアイデンティティ政治であり,既成秩序破壊はできても,コミュナル利害を超えた共通利害の構築には向かない。

欧米先進国は,近代の洗礼を受け,とことん近代をやってみた上で,「近代以後」に向かい,多文化主義的包摂参加民主主義の実験を始めた。「近代以後」は,いわば近代の修正・補完である。

ネパール旧体制派の欧米援助非難にも一理あるのは,先進諸国や国連機関が,そうした歴史的経験の差を無視し,欧米の最新理論をそのままネパールに持ち込み,ネパール社会を実験台として利用していると考えるからだ。あまりにも自分本位,傲慢で,けしからん,というわけ。

こうした背景があるから,DFIDダンカン大臣のインタビューも弁明にしか聞こえない。大臣はこう答えている――

「DFIDは中立・公平の立場に立ち,この国で活動している。」「ネパールが真に包摂的な社会にならなければ,永続的平和は実現しないと確信している。」DFIDは「ネパール政府自身の包摂政策の実現を支援している」。DFIDによる被抑圧諸集団への援助は,ネパール政府自身のこの政策への支援である。たとえば,「先住諸民族同盟(NEFIN)」への援助も,政治活動を活発化させたので,2011年には中止した。DFIDには,民族紛争扇動の意図は全くない。

かなり苦しい弁明だ。なぜなら「包摂参加」や「権力分有」あるいは「民族連邦制」をさんざん焚きつけてきたのは,欧米諸国や国連諸機関だからである。ネパールのような途上国が,民族集団・宗教集団・言語集団等の「包摂参加」による「権力分有」を目指せば,利害の公平な分有よりも対立・分裂抗争の方が先行し,何も決められず,結局はアナーキーになってしまう危険性が高い。そして,じじつネパールはそうなりつつある。

旧体制の理不尽なカースト差別,民族差別,性差別等々は,もはや許されない。それらは撤廃され,人権は平等・公平に保障されなければならない。それはそうだが,そこに外国や国際機関がどう関与するかは,難しい。正直,私にも分からない。しかし,少なくとも当事者の,当事者としての尊厳を最大限尊重する謙虚さと誠実さは,見失われてはならないだろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/06/30 at 15:04

村の開発:人からコンクリートへ

日本三大秘境の一つ,丹後のわが村へも近代開発の恩恵がようやく及び始めた。もちろん,民主党が「コンクリートから人へ」のマニフェストを反故にしてくれたおかげ。

わが村は,百戸あまりの小さな山間農村。それでも1960年頃までは,立派な小学校や,生活用品がほぼそろう農協(兼郵便局)があり,商店も5軒ばかりあった。村祭りや,いくつもの小さな神社や祠の祭事があり,農閑期には囲碁将棋や盆栽,芸事,釣りといった遊びや趣味が盛んであった。村には神仏があふれ,時間と多彩な文化があった。

▼小学校跡と古道破壊高速道路

これは,私が通っていた小学校の跡。ほんの数十年前まで,ここには立派な由緒ある木造校舎があり,百数十人の生徒が通っていた。春は前の用水路で魚取り,夏は裏の小川を堰き止めた簡易プールで水泳,秋には村総出の運動会,冬は校庭で雪合戦。子供にも大人にも時間はたっぷりあり,遊び文化があふれていた。

この小学校の横を通る小路は,裏山を越え,天橋立・宮津へとつづく古くからの交易路であった。路傍にはお地蔵さんや水飲み場などがあり,春には桜,秋には紅葉で美しく彩られ,夢見心地で遠足を楽しんだものだ。大内峠,それはわが村の歴史と文化の古道であった。

それらが,ほんの数十年の高度成長経済のおかげで,ほぼすべてなくなってしまった。小学校も,神社・祠の多くも,フナやナマズの小川も。そのかわり,有り難いことに,カネにもならない古道・大内峠はブルによりあっという間に掘り崩され,近代的な高速道路に変わり始めた。わが村にも近代資本主義の光明が射し始めたのだ。

▼自然破壊高速道路

これは,子供の頃,友達と毎日のように出かけ,魚取りや水泳で遊んだ小川。信じられないだろうが,当時は,小学生や中学生,そして高校生にすら,時間は有り余るほどあった。こんな小さな小川でも自然は無限に豊かであり,新しい発見や工夫で,いくらでも遊べた。

▼工業団地予定地付近

ところが,この岸辺にもブルが入り,風景は一変した。ここには高速道路の出入口ができ,予定では工業団地となる。「時は金なり」。有り難いことに,高速道路による時間短縮で,丹後での生産も採算がとれるようになるらしい。

村の自然と時間は,カネにはならない。無用の自然と時間を放棄することにより,なにがしかのカネが村に落ちることになる。「人からコンクリートへ」とは,そのようなことらしい。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/06/27 at 20:50

カテゴリー: 経済, 文化

Tagged with , , , ,

ツイッターの心地よさの恐ろしさ

遅まきながらツイッターとファイスブックに登録し使用し始めたところ,便利な反面,これはたいへん危険なメディアであることに気づいた。

1.自家中毒
すでに周知のことであろうが,ツイッターでは自分にとって関心のある情報を集め,関心を持ちそうな人に向けて自分の意見や情報を発信することができる。

無限にある玉石混淆の情報や意見の中から,自分好みの情報や意見だけを集め,自己確認し安心を図るだけでなく,集めた意見や,それらにより補強した「自分の意見」を同好の士に向け発信し同調してもらい,自己確認と安心をさらに強化し,満足を得ようとするのだ。

これは意見の自家中毒である。ツイッターを使い始めたとたん,同調と同調による自己確認の抗うがたき心地よさと自家中毒の恐ろしさに慄然とした。ある意味では,ハッシシ以上に危ないかもしれない。

2.My朝日新聞
これに対し,新聞など伝統的メディアの特徴は,プロの目利きジャーナリストによる情報の収集,選択,分析と,紙面へのそれらの一覧表記にある。記事は何段階かの校閲を経たものであるし、関心のある記事あるいは聞きたい意見のそばには,別の記事や意見もある。いやでも,それらに目が行き,ちらっとでも見ることになる。(新聞等の御用化については別に論じる。)

ところが,ツイッターはそうではない。よほど自覚的に操作しないと,好みの情報,聞きたい意見しか,入ってこなくなる。ツイッターは,はまればはまるほど,情報批判がおろそかになり,視野狭窄に陥り,異論は罵詈雑言の対象でしかなくなる。短文,言いっ放しが,この悪循環に輪をかける。

むろん,ツイッターだけではない。伝統的メディアの中核たる新聞もまた変質し始めた。たとえば,朝日新聞。部数減に焦り,デジタル版を出したが,その目玉の一つが「あなたに合わせてニュースをカスタマイズ」する「My朝日新聞」。

つまり,朝日新聞が自ら一覧性という新聞の最大の武器を放棄し,ツイッター型メディアにすり寄っているのだ。学生顧客主義が大学の自殺行為であるのと同様,これは新聞の自殺行為だが,背に腹は代えられないらしい。

3.ネパールの「反社会的」社会メデイア
こうしたネット「社会メディア(social media)」のもつ危険性は,日本よりもむしろネパールにおいての方が切実なものとして感じ取られている。

ネパリタイムズ社説「反社会的メディア」(6月22-28日号)によれば,ネパールではツイッターやフェイスブックといったネット社会メディアの利用が急増し,たとえば先のマオイスト分裂についても,大手メディアよりも先にツイッターやファイスブックで情報が広まり,意見が交換された。世論は,いまやこうした社会メディアにより形成され,発信され,政治や社会を動かし始めた。

しかし社説によれば、ツイッターなど社会メディアは、「開かれた公共空間」というよりは、「意見のゲットー」化により「社会分断」をもたらすもの、「自家中毒型意見交換の共鳴箱」となるものである。「ヘイトスピーチ(嫌悪発言)」が共鳴増殖し、民族差別・カースト差別などコミュナリズム(排他的自集団中心主義)が激しくなり、自家中毒の悪循環をもたらす。

4.ツイッターの心地よさと恐ろしさ
ツイッターは、たしかに便利だし、何よりも心地よい。ほしい情報だけを収集し、聞きたい意見だけを聞くことができる。短文の情緒的絶叫により同好の士を集め、大量動員することもできる。しかし、その反面、ネパリタイムズ社説の警告するような恐ろしさがあることもまた確かだ。

日本はもともと「一民族、一言語、一文化」であり、「一億一心」「一億火の玉」になりやすい。ツイッター以前から、ツイッター型社会であり、その恐ろしさに鈍感である。

ツイッターの心地よさの恐ろしさを敏感に感じ取っているのは、むしろ多民族・多言語・多文化のネパールである。

ネパールは、情報化でも、いくつかの点で日本より先を行っている。謙虚に学ぶべきであろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/06/24 at 21:10

麻薬汚染

ネパールでは,麻薬・ドラッグ汚染が密かに拡大しているらしい。

(1)大麻2640kg
「ライジングネパール」(6月10日)によれば,カトマンズで5人が逮捕され,ハッシシ(大麻)2640kgが押収された。マクワンプール郡で仕入れた大麻を,カトマンズ経由で中国やインドに密輸していたという。

2640kgといえば,トラック1台分くらいはあるのではないか? 88のジュート袋に入れられていたというが,こんな大量のブツをどうやって密輸するつもりだったのだろう?


 ■マクワンプール郡

(2)ドラッグ2200カプセル
翌週のネット版カンチプール(6月20日)によれば,19日,バンコク経由で北京に送られる精製ハッシシ7kgと,アムステルダム向け9.9kgが押収された。前週の2640kgとは桁が違うが,精製されたものだからだろうか。

さらに19日には,ドラッグ取引で7人が逮捕され,2200カプセルが押収された。こうしたドラッグは,運び屋(女性もいる)により,インドなどに運ばれている。また,ネパールでも若者の間で,乱用が広まっているという。

麻薬や違法ドラッグは,実態がよく分からないが,一般に政情不安や治安悪化とともに拡大する。ネパールでも,伝統型とは別の,現代型麻薬汚染が進行しているのであろうか? 心配だ。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/06/21 at 15:09

カテゴリー: 社会, 文化

Tagged with , ,

暗殺政治

ネパリタイムズの社説が、このところ冴えている。第609号(6月15-21日)は、「暗殺の目的」。

1.暗殺の目的
社説によれば、このところ有力者や著名人の暗殺が続いているが、ネパール・メディアはそれらを個別の事件として取り扱い、関連性や政治的意味を探ろうとはしない。しかし、これは誤りである。それらの襲撃は、標的を定め、計画的に殺害した政治的暗殺であるという。

(1)ランジュ・ジャー暗殺:4月30日
ジャナクプールのラマナンダチョークで4月30日午前、「ミティラ州闘争委員会」が自治州要求の座り込みデモをしていた。そのとき、バイク積載の強力爆薬が爆発、5人が死亡し、30人以上負傷した。

5人の死者のうちの一人が、ランジュ・ジャーさん(32歳)。才能豊かな人気女優であり、人権活動家でもあった。特にマデシ女性の権利獲得のために、熱心に活動していた。即死であった。

爆発後、バイク所有者が捕まり、警察に引き渡されたものの、事件の全容は不明のままだ。政府は、ランジュさんを「殉死者」とし、遺族に100万ルピーを給付した。

ネパリタイムズ社説は、この爆破事件を「政治的暗殺」とみる。アイデンティティ連邦制であれば、マイティリがタライにミティラ自治州を要求するのは当然。また、もしそうであれば、ボジュプリやアワディも、同様の要求をするだろう。

爆破テロは、この動きに反対するいずれかの勢力の仕業である。そして、事実、事件後、マイティリや他の同種の自治州要求運動は下火になったという。

(2)バム最高裁判事暗殺:5月31日
この事件については以前このブログで取り上げたので、概要はその記事をご参照いただきたい。

ネパリタイムズ社説は、バム判事銃殺を、明確な目的の下に実行された政治的暗殺だと解釈する。たしかに、バム判事は汚職容疑で弾劾裁判中であったが、しかしそれはカムフラージュ。暗殺の目的は別のところにあるという。

つまり、最高裁は「法の支配」「適正手続き」を遵守させることが任務だが、極左・極右にとっては、それが目障りであった。そこでバム判事が標的とされ、判事を暗殺することによって、裁判所、警察、人権活動家などに警告を発した。バム判事暗殺は、司法制度の弱体化が目的であったというのだ。

2.暗殺の政治的効果
以上のネパリタイムズ社説の解釈は、私のそれとほぼ同じだ。バム判事暗殺については、制憲議会解散後の最高裁の積極的介入への警告の意味がより強いと私は思うが、しかし全体としては社説の解釈は妥当である。

政治テロや暗殺は、政治活動を萎縮させる。たとえば、長崎。キリシタン弾圧、原爆被爆の地、長崎は、テロの街でもある。

(1)本島市長銃撃事件
1998年12月、本島市長が市議会で「天皇にも戦争責任はある」と発言、これに怒った右翼幹部が1990年1月、市長を銃撃し重傷を負わせた。

この右翼テロが後の天皇制反対運動に与えた影響は深甚であり、現在もなお、重苦しい重圧となって残っている。

(2)伊藤市長銃殺事件
2007年4月17日には、伊藤市長が長崎駅前で暴力団幹部に銃撃され、死亡した。私は、この銃撃事件の直後、おそらく数分後に、市電で現場前を通過した。車内に火薬らしい臭いが漂ってきたが、電車は停止することなく通過したため、帰宅してから報道でそれが市長銃撃であったことを知った。

この事件は、捜査の結果、政治的動機はないとされたが、どこか納得しきれないものが残る。しかし、明確でないにせよ、市長暗殺は、たとえば入札とか他の市行政に、どことなく重苦しい重圧となって残っていることは確かだ。

このように、政治テロや暗殺は、実行者がたとえ一人であっても、大きな政治的目的を実現しうる、極めて効果的な魅力的な手段である。

しかし、いかに魅力的であれ、あるいはいかに正義感に駆られてにせよ、いったんこれに手を染めれば、民主主義はたちまち危機に瀕する。

ネパリタイムス社説は、「事件を解明し、責任を追及すべきだ」と主張しているが、まさしくこれは正論、党派を超えて取り組まれるべき重要課題である。

(参照)
■2012/05/01 民族州要求に爆破テロ
■2012/06/01 選挙実施理由提示命令と判事暗殺
■2007/04/18 長崎市長銃撃:「非政治的」の政治的作為性?
■2007/04/17 長崎市長銃撃とネパール選挙

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/06/20 at 18:38

カテゴリー: 政治, 民主主義

Tagged with ,

マオイスト新党CPN-M,発足

統一ネパール共産党毛沢東主義派(UCPN-M)のバイダ派が,6月18日,正式に分離独立し,「ネパール共産党マオイスト(CPN-M)」を創立した。

議長 Mohan Baidya (Kiran)
書記長 Ram Bahadur Thapa (Badal)
書記 CP Gajurel(Gaurav)
政治局 Netra Bikram Chand (Biplab), Dev Gurung,Kul Prasad KC, Hari Bhakta Kandel, Khadga Bahadur Bishwakarma, Narayan Sharma, Pampha Bhusal, Indra Mohan Sigdel, Dharmendra Bastola and Hitman Shakya
中央委員会 44名(UCPN中央委員から新党中央委員へ)

イデオロギー政党に分裂・連衡合従はつきものであり,それだけ党名もややこしい。CPN-Mはもともと,2009年にマサル派と合同しUCPNとなる前のマオイストの党名。その本家の由緒ある党名を,バイダ派はちゃっかりいただいてしまったわけだ。

マオイスト内の路線対立は,2005年のチュワン大会(ルクム郡)において明確となった。党目標として,プラチャンダ=バタライ主流派が「民主共和国」を掲げたのに対し,バイダ(キラン)派は「人民共和国」を主張した。このとき,バイダとガジュレルはインドで投獄されており,チュワン大会では,「民主共和国」が採択され,以後,その基本路線に従い,議会諸政党との統一戦線結成,2006年の包括和平協定締結,王制打倒,バタライ政権樹立へと進んできた。

そのかわり,マオイストは,各地に設立していた「人民政府」を解散し,今年になると虎の子の「人民解放軍」まで解体してしまった。マオイストが,議会諸勢力と広範な反国王統一戦線をくみ,王制を打倒し,制憲議会選挙に参加して第一党となり,新体制の中心勢力となったのだから,これは当然といえよう。

ところが,バイダを中心とする急進派は,これを人民と革命への裏切り,「修正主義」として批判し,人民蜂起による「人民共和国」の樹立をあくまでも党の目標とすべきだと要求してきた。

この路線対立は,5月27日の制憲議会解散を機に決定的となり,結局は,6月18日のバイダ派分離独立となったわけである。

では,この新党CPN-Mの展望はどうか? バイダ議長は,「革命の客観的条件はある。われわれは,いまこそ革命の主観的(主体的)条件をつくり出すべきだ」と檄を飛ばした。

たしかに,客観的条件はあるようにも見える。ただし,人民戦争開始の1996年頃とは,大きく異なる。

前回の人民戦争は,半封建的半資本主義的王政との闘いであった。ところが,十数年後の現在は,ある意味では,前回人民戦争の勝利の結果,もたらされたものとの闘いとなる。自由と権利の「形式的」保障と,そのもとでの急激な自由市場社会化による矛盾の拡大だ。

この「客観的条件」をうまく組織化できれば,第二次人民戦争を戦うことができるだろう。主流派に利用され捨てられた人民解放軍元兵士も多数いる。

しかしその一方,人民戦争による変化は大きく,1996年と現在では経済も社会も文化も激変している。「アラブの春」のような現代型変革はあるかもしれないが,共産党が組織・指導する伝統的な人民戦争はもはや難しいようにも思える。

いずれにせよ,革命や運動には,カリスマ的リーダーが不可欠だ。バイダ議長のことは,まだよく分からないが,かつてのプラチャンダほどのカリスマ性を発揮できるようには思えない。印ネパール学の権威ムニ教授はツイッターでこうつぶやいている。

「バイダ派はバブラムとプラチャンダを悩ませるだろうが,それはしばらくであり,いずれ力を失い,忘却されるだろう。」

谷川昌幸c

Written by Tanigawa

2012/06/19 at 18:26

カテゴリー: マオイスト

Tagged with ,

マオイスト分裂へ

バイダ(キラン)を中心とするマオイスト急進派が16日、全国代表者大会を開催、約2千人が参加し、プラチャンダ議長=バブラム副議長(首相)の主流派を激しく非難、分離・分党はもはや避けられない情勢だ。

バイダ副議長らによれば、主流派による「人民政府」「人民解放軍」「革命根拠地」の解体は誤りである。とくにプラチャンダ議長は、贅沢三昧、党員の汗と血であがなわれた資金を浪費している。プラチャンダ=バブラム主流派は、国家と人民を裏切った「買弁」政治家だという。

大会では、はやくも新党役員も議論された。新党議長はバイダ(現M副議長)、またはバイダを党首とし議長はRB.タパ(現M書記長)とする。書記長はCP.ガジュレルかNB.チャンド。

この大会には現マオイスト中央委員数名が参加しており、もはや分党は避けられそうにないが、皮肉なことに、まだ設立もしていないのに、はや幹部間では主導権争いが始まっている。内ゲバは、理念政党の宿命とはいえ、これでは新党の先が思いやられる。

また、この大会では、主流派による制憲議会解散・選挙実施の選択が激しく非難されたが、逆に言えば、それは旧制憲議会の何らかの形での延命の要求である。

なぜ4年間も空論に明け暮れた制憲議会をバイダ派は延命させたいのか? それは、選挙となれば、現状ではバイダ派の勝利の目はほとんどなく、せっかく手にした制憲議会体制での既得権が失われるからではないか? わが民主党新人チルドレンのようなものだ。

もしそうなら、バイダ派の「人民」や「革命」も、やはり既得権益のためということになってしまうであろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/06/17 at 11:12