ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

王制復古を,カマル・タパRPP議長

このところ国民民主党(RPP)が元気だ。6月9日には,カトマンズ・クーラマンチに数千人を集め,決起集会を開いた。

RPPのカマル・タパ議長は,弁舌さわやかな魅力的な政治家だ。確信的王党派であり,もしRPPが党勢回復すれば,プラチャンダ・マオイスト議長のよきライバルとなるであろう。

9日の決起集会で,タパ議長はこう檄を飛ばした。5月27日の制憲議会解散で,マオイスト,NC,UML,マデシ連合は国民の信認を完全に失い,1990年憲法と王制に復帰したとみてよい。あるいは,もしそれが認められないなら,バタライ首相は辞職し,最高裁長官(現または元)の責任の下に暫定政府を設立し制憲議会選挙を実施,そこで新憲法を制定すべきだ。国民の多くは既成政党に失望し王制支持に復帰しているので,新憲法には当然王制が規定される。「国王にはしばしの自重をお願いしてきた。いずれ人民が国王にナガルジュンからナラヤンヒティへのご帰還をお願いすることになろう。」

9日のRPP決起集会では,DS.ラナ副議長も「4党の唱えた連邦制と世俗制が誤りであったことが明白となった」とのべ,また来賓のディベンドラ・ネパリ(NC)も「王制復古となっても,国王の復讐など心配する必要はない」と演説している。

RPPの再興がなるかどうかまだ分からないが,風向きが多少変わり始めたことはたしかだ。タパ議長は,目下もっとも正統性の高い最高裁に目をつけ,また大統領も利用しようとしている。うまい。そして,もし要求が通らなければ,街頭に出て実力で1990年憲法を回復する,とすごんでいる。したたかでもある。

メディアでは,「人民評論」など,まだ王党派系は元気がないが,メディアの動向も含め,これからどうなるか,注目していたい。

 Kamal Thapa (ekantipur)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/06/10 @ 21:24

カテゴリー: 国王, 憲法, 政党

Tagged with , ,