ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

バタライ首相HP、ブロックされる

四面楚歌のバブラム・バタライ首相。つい1年前は、成金趣味の豪傑プラチャンダ議長とは対照的に、インテリで繊細で、しかも国産車ムスタン使用の庶民的愛国者と絶賛されていたのに、この変わりよう。やれ権力恋々だの、インドの手先だのとボコボコにたたかれている。

政治家は権力者だから批判されて当然だが、それにしても床屋政談的で低次元、無節操で非生産的だ。バタライ首相は、経済的・社会的・政治的にきわめて厳しい状況にもかかわらず、よくやっているではないか。

バタライ首相頑張れ! とエールを送るべく首相ホームページをみたら、なんとブロックされ、こんな恐ろしい警告がでた。警告を出したのはトレンドマイクロ。専門的なことは全くわからないが、どうも怪しい。

こうした警告が出るのは、マオイスト系や急進的反体制派のサイト。つい数ヶ月前までは、マカフィーが”Red Star”に同様の警告を出し、ブロックしていた。

素人には、ブロックの仕組みは全くわからない。しかし、誰かが、どこかで、何らかの意図に基づき、ネット情報をコントロールしていることは間違いない。

ネパールからは、こんなことも学習できる。外国ながら、脳天気になりがちな日本人にとっては、学ぶこと無尽蔵と思われほど興味深い国である。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/06/12 @ 14:53

カテゴリー: マオイスト, 情報 IT

Tagged with ,