ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

麻薬汚染

ネパールでは,麻薬・ドラッグ汚染が密かに拡大しているらしい。

(1)大麻2640kg
「ライジングネパール」(6月10日)によれば,カトマンズで5人が逮捕され,ハッシシ(大麻)2640kgが押収された。マクワンプール郡で仕入れた大麻を,カトマンズ経由で中国やインドに密輸していたという。

2640kgといえば,トラック1台分くらいはあるのではないか? 88のジュート袋に入れられていたというが,こんな大量のブツをどうやって密輸するつもりだったのだろう?


 ■マクワンプール郡

(2)ドラッグ2200カプセル
翌週のネット版カンチプール(6月20日)によれば,19日,バンコク経由で北京に送られる精製ハッシシ7kgと,アムステルダム向け9.9kgが押収された。前週の2640kgとは桁が違うが,精製されたものだからだろうか。

さらに19日には,ドラッグ取引で7人が逮捕され,2200カプセルが押収された。こうしたドラッグは,運び屋(女性もいる)により,インドなどに運ばれている。また,ネパールでも若者の間で,乱用が広まっているという。

麻薬や違法ドラッグは,実態がよく分からないが,一般に政情不安や治安悪化とともに拡大する。ネパールでも,伝統型とは別の,現代型麻薬汚染が進行しているのであろうか? 心配だ。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/06/21 @ 15:09

カテゴリー: 社会, 文化

Tagged with , ,