ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

青森沖セシウム汚染魚の報道姿勢

朝日新聞(8月29日)によれば,青森沖で8月9日に獲れたマダラ(真鱈)から133ベクレル/kgの放射性セシウムが検出された。6月にも116ベクレル汚染魚が獲れていた。このセシウム汚染魚について,朝日は例のごとく,もっぱら「風評被害」の観点から記事を構成し,報道している。

記事見出しが「基準超すセシウム 突然の検出」「広い遊泳 影響か」であり,記者の状況説明記事に続き,某国立大教授が「消費者は冷静に」の見出しで,次のようなコメントを寄せている。

遊泳力のある魚の場合、海の中を泳いでいるのを捕まえてたまたま高い値が出たからといって近海の魚がみんなダメとみなすのは合理的とは言えない。出荷自粛や停止の範囲は限定的にすることを考えないと漁業への影響が大きすぎる。現在の規制は年間で1ミリシーベルト以下に内部被曝を抑えることが目的で、実際の被曝量ははるかに低い調査結果が出ている。消費者には冷静に見てほしい。」(朝日2012.8.29)

この記事構成は変ではないか? 常識で考えれば,はるか離れた青森沖であるにもかかわらず,基準値を超えるセシウム汚染魚が獲れた,確率は低いが皆さん用心しましょう,となるはずだ。ところが,コメントは逆。「たまたま高い値が出たからといって近海の魚がみんなダメと見なすのは合理的とは言えない」という。しかし,某教授にいわれるまでもなく,国民は誰一人として,そんなバカなことは考えてもいない。

国民は、セシウム汚染魚が獲れた以上,確率は低いかもしれないが,いま箸をつけようとしているその魚が汚染されている可能性は否定できない,汚染の有無をどのようにして知ればよいのか,そう考え,心配するのだ。

この心配は極めて合理的であり,それが分かるまでは,三陸沖方面の魚を食べるのは控えよう,というのも極めて合理的な判断だ。この国民の合理的な態度を,朝日と某教授は,「消費者は冷静に」と呼びかけることによって,放棄させ,政府追従の不合理きわまりない態度をとらせようとしているのだ。

いま朝日は,政府=財界=土建業と手を組み,「南海トラフ震災死32万人」とセンセーショナルに危険を煽り立てているが,もし三陸沖セシウム汚染魚への心配が不合理なら,この「南海トラフ震災」への心配は,その何百・何千倍も不合理だ。福島原発事故は現在進行中であり,魚は毎日のように食べる。危険の切迫度,確率は,南海トラフの比ではない。

南海トラフ震災キャンペーンは,政府=財界=学界=マスコミの共同謀議による「福島原発事故かくし」あるいは「福島原発事故そらし」といってよいだろう。

29日付朝日記事は,3.11以後,繰り返された政府発表「直ちに危険はない」「直ちに影響はない」とうり二つだ。

そのときも指摘したが,国民はそんなことは百も承知だ。大多数の国民は,中・低度被曝の中・長期的影響を心配していたし,いまも心配している。当時の政府発表は,国民をバカにし,国民の合理的心配にまったく答えようとしなかった。だから,政府も政府系専門家も完全に信用を失ってしまった。もはや,政府や政府系専門家が何を言おうと,国民はまったく信じてはいない。そして,いまや,信じない方が合理的で賢明なのだ。

29日付朝日記事は,国民をバカにし,国民の合理的かつ賢明な心配にまったく答えようとはしていない。政府=財界はまだよい。わかった上でやっている確信犯だから。問題は朝日新聞。なぜ,こんな無反省,無批判な記事を垂れ流し続けるのだろう。まったくもって不可解だ。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/08/30 @ 20:52

カテゴリー: 社会, 情報 IT

Tagged with , , , ,