ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

米作と手織り絨毯

1.米の収穫
キルティプールはいま、米の収穫の最盛期。周囲の水田で稲を刈り取り、人力脱穀、籾をザルに入れ選別し、風で藁くずを取り除き、集めた籾を袋に入れ、担いで丘の上まで運び上げる。そして自宅前の通路や寺院の広場にゴザを敷き、籾を広げ、乾燥させる。

すべて人力。籾袋を担ぎ上げる重労働は男性もやっているが、籾の乾燥はたいてい女性。陽が当たるように籾をかき混ぜ、寄ってくる雀や鳩や鶏を追い払う。のどかだが、これも忍耐のいる作業だ。

日本の米作も、高度成長以前は、これに近い作業だった。子供の頃、手伝ったので、その厳しさは実感としてよくわかる。ネパールでいただくご飯は、こうして作られたお米なのだ。一粒たりとも、徒やおろそかにしてはなるまい。

 ■寺院前広場で籾の乾燥

2.手織り絨毯
米作の一方、キルティプールでは、手織り絨毯や手織り布が作られている。道路沿いに、手織り絨毯作業場があったので、窓からのぞかせてもらった。

そこでは女性が3人、上下の縦糸に、柄を織り出す様々な色の横糸を手で組み込み、槌でたたいて固めていた。紙に描かれた図柄指示を見ながら、色糸を選び、縦糸に絡ませる。たいへんな根気と体力のいる作業だ。

私も、ネパール手織り絨毯を数枚持っている。それらも、女性たちのこうした重労働により製造されたものなのだ。これまでも大切に使ってきたが、さらに大切にしたい。

 ■土間の手織り織機

 ■手織り絨毯作業場(記事とは別の作業場)

3.身体労働と頭脳労働
それにしても、米にせよ絨毯にせよ、人々が自分の身体を動かし手間暇かけて作ったものの価格は、なぜこれほど安いのだろうか? ものの価値は労働により生み出されるのであれば、機械で作る工業製品など、もっと安くてよいはずだ。そもそも身体(肉体)労働が頭脳労働よりも評価が低いのは、なぜなのだろうか?

額に汗して作られる米や野菜、絨毯や布地よりも、ディスプレイを見ながらキーボードで打ち込む記号の方が高く評価される。これはやはり異常だ。そろそろ自然に帰らねば、人間は理性肥大により滅びてしまうだろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/11/06 @ 19:44

カテゴリー: 社会, 経済

Tagged with , , ,