ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

ハシシ1トン、中国へ

ネパール麻薬取締局(NDCLEU)は11月2日、運び屋3人を逮捕し、未精製ハシシ1080kgを押収した。

1トンとは大胆、大きな袋に梱包され山積みされていた。相場は、1kg1万5千ドルと言うから約1500万ドル、途方もない大金だ(ちょっと眉唾だが、そう新聞には書いてある)。

密輸先は中国。マクワンプール経由(詳細不明)で運び込む計画。中国では麻薬需要が急増、ネパール製は安価・高品質で好評だという。大金の成功報酬で運び人を集めているらしい。

この方面の知識はほとんど無いが、ハシシはネパールではかつては宗教儀式などで日常的に用いられていた。伝統文化、伝統社会は、ハシシをうまくコントロールし、有用に利用してきたのだ。

ところが、進歩し理性的となったはずの近代社会は、ハシシに限らず、人間の欲望を、本能に近ければ近いほど、コントロールできなくなっている。生存欲、性欲、金銭欲、権力欲など、全体としてみると、伝統的社会の方がはるかにうまくコントロールしていた。というか、人間的にしかコントロールできなかった。

進歩とは、理性により本能(感情)をコントロールすることだそうだが、この基準からしても、人間は退化している。

1トン、1500万ドルの大麻は途方もないが、それでも世界人類の命運を左右しうる米大統領や、1%の米国大富豪に比べるならば、まだしも人間的とはいえるであろう。

******************************************************

 ■ キルティプール南西の田園風景(本文記事とは無関係)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/11/15 @ 18:18

カテゴリー: 社会

Tagged with , , ,