ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

寒くて暖かいキルティプール

この時期、北向きの室は寒い。たくさん着込んでもでも寒いので、屋上に上がり、ひなたぼっこをする。

これが快適。ぽかぽか、ついうたた寝を繰り返してしまう。本を持って行っても2、3頁読むとうとうと、これで半日終了。

周囲を見回すと、やはり屋上で椅子に腰掛け、何をするでもなく、じっとしている人が多い。また、田の畦にうつぶせになっている人もいて、行き倒れかと心配するが、実は、これらの人は、ひなたぼっこをしているのだ。

湿度が低く、天然赤外線が身体の深部までホカホカ暖めてくれる。周囲は百花繚乱、中景は有り難いスワヤンブー、そして天空にはヒマラヤ。半日といわず、一日中でも、ひなたぼっこをしていたいくらいだ。

が、そこは勤労倫理を埋め込まれた悲しき近代人、何かをしていないと罪悪感に駆られる。まことにもって、因果なものだ。

 ■朝夕の風景(ホテルより)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/11/19 @ 09:31

カテゴリー: 旅行

Tagged with , ,