ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

血液型政治家判断、朝日の本性

朝日新聞は、先の「ハシシタ 奴の本性」事件で深く反省したと思っていたが、どっこい、朝日の「本性」はそんな柔なものではなかった。優生思想は朝日のDNAであり、「ハシシタ事件」くらいでは、びくともしない。

今日(12月6日)の朝刊2面の「ニュースがわからん!」は、韓国大統領選の解説。記事は、カラー囲みに「朴氏、文氏、どんな人?」の小見出しをつけ、両氏の出身地、学歴、 血液型、身長、尊敬する人、座右の銘、好きな食べ物を記載している。

まったくもって懲りない朝日! 韓国ごときの政治だから、鬱憤晴らしに、面白おかしく血液型政治家判断をやってやれ、多少は売り上げも伸びるだろう、とそんな魂胆が見え見えだ。

繰り返し批判してきたように、優生思想は朝日新聞の本性でありDNAである。今回は、たまたま両候補ともB型だから差は出ないが、もし別の血液型だったら、朝日新聞はどう申し開きをするのか?

B型候補が勝利してよかった、もしA型候補が勝っていたら、日韓関係はさらに悪化したに違いない――と、社説でそんな解説をするつもりなのか?

フクロウは叡智の象徴。ぜひ、「コブク郎」氏に、韓国大統領選と血液型との関係について、わかりやすく解説していただきたい。

121206
 ■韓国大統領候補の「本性」(朝日2012-12-6)

【参照】
▼肉体文学としての「ハシシタ 奴の本性」 2012/11/13
▼ゴシップで売る朝日と佐野眞一氏の名前 2012/10/23 
▼佐野氏の執筆責任放棄と朝日の表紙かくし 2012/10/22 
▼朝日と佐野氏の優生思想:「ハシシタ 奴の本性」の危険性 2012/10/21
▼血液型性格判断,朝日はB型 2011/08/14
▼天声人語の血液型性格論 2008/12/18
▼血液型優生学を粉砕せよ 2008/10/16
▼朝日の血液型優生学 2008/06/29
▼カースト差別より危険な血液型差別 2006/10/08
▼「血液型の記載,記事には不要」朝日新聞西部本社版 2006.10.8

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/12/06 @ 13:11

カテゴリー: 政治, 人権

Tagged with , , , , ,