ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

太陽光発電援助,地味な報道

日本援助の太陽光発電プラントが完成し,1月11日,ネパール側に引き渡された。各紙報道によると,概要は次の通り。
  ・設置場所:ドビガード。ラリトプルのバグマティ河畔
  ・発電能力:680Kw
  ・電力用途:カトマンズ盆地上水道公社(KUKL),および一般電力網への送電
  ・事業費:5.38億ルピー

太陽光発電は機器の価格も急速に下がってきており,ネパールにとっても,近い将来,有望なエネルギー源となるであろう。その意味で,この援助は先駆的と評価されよう。

その一方,今回も,報道は極めて地味だった。各紙の記事はごく小さく,これでは気づかなかった人も少なくあるまい。

昨年11月26日午後,現地付近を歩いてみた。バグマティ河畔は荒涼としていて,散乱するゴミに枯れ木のカラス,まるで賽の河原。午後の日差しポカポカなのに,あまりの不気味さで寒気がした。

そのバグマティ川西側のダクシンカリ道路に面して「カトマンズ盆地上水道公社」があり,その一角に今回の太陽光発電援助事業の説明板が掲示してある。しかし,これも地味。注意していないと,見落としてしまう。

援助広報がどうあるべきかは,たしかに難しい課題であろう。やらないと,日本の援助努力が一般の人々に知られないままとなるし,今回のような先駆的的案件だと,ネパールの人々が将来のエネルギーを考えるための問題提起,選択肢提示の役割を十分に果たせないことにもなる。

日本人の奥ゆかしさは美徳ではあるが,多様な異文化のせめぎ合う世界社会にあっては,効果的な援助広報にもう少し努力することも必要ではないだろうか。

130117g ■KUKL付近(Google)

130117d 130117c 
■バグマティ河畔の仏像とカラス(2012-11-26)

130117e 130117h
■KUKL(Google) / バグマティ東河畔設置の発電パネル(?)。(Google)

130117a ■KUKL構内の援助事業説明パネル(11-26)

130117b ■上掲写真左上部分(11-26)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/01/17 @ 11:51

カテゴリー: 経済, 外交

Tagged with , ,