ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

チベット青年,ボダナートで焼身抗議

ボダナートで中国政府への焼身抗議をはかった青年(ツンドゥプ・ドプチェンさん?)が,2月13日夜,搬送先の病院で死亡した。ネパールでの焼身抗議死は初めて。

青年は,ボダナートの入口で灯油を浴び,火をつけ,対中国抗議スローガンを叫びながら50mほど走り,ストゥーパの近くで倒れ込んだ。病院に搬送されたが,助からなかった。警察によれば,青年はインドから来たらしい。

ネットには,誰が撮ったのか,炎に包まれ倒れ込むまでの写真が何枚も掲載されている。目を背けたくなるが,青年は世界に向け,炎に包まれ抗議する自分を見よと訴えている。辛くとも,目を背けてはならないだろう。

ネパールでの自由チベット運動については,中国がネパール政府に圧力をかけ,弾圧させてきた。これは,マオイストが地上に現れ,選挙で大勝し,最大の政治勢力になってからの方が,むしろ激しい。

マオイストは,人民戦争中は中国政府と敵対関係にあったが,停戦和平後は,中国に急接近した。いまや,中国政府に最も近いのはマオイストだといっても言い過ぎではあるまい。

ネパールにおける自由チベット運動弾圧については,以下参照。

ネパールにおける自由チベット運動弾圧
 2012年1月13日:バブラムバタライ首相(マオイスト),自由チベット運動弾圧
 2011年10月31日:亡命チベット人100人以上を逮捕
 2008年7月:自由チベット運動弾圧
 2008年3-4月:チベット系住民への性的虐待
 * その他,多数。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/02/14 @ 19:11

カテゴリー: 外交, 民族, 中国

Tagged with , , ,