ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

対ネ最大投資国,中国

新華社(8月21日)によれば,対ネパール投資において,中国が最大投資国となった。

ネパール政府統計2012-13によれば,諸外国の対ネ直接投資は193.9億ルピーで,中国がその30.9%を占め,初めてインドを抜き,最大の対ネ投資国となった。
 ▼2011-12年度 インド:38.8億ルピー  中国:10億ルピー
 ▼2012-13年度 中国:59.9億ルピー  インド:25億ルピー

これが大きな意味を持つことは明白。中国にとって,ネパールは南にインドを控えており,経済的にも政治的にも重要性は増すばかり。インドとの軋轢はあろうが,この流れはもはや止められない。

この中国投資でいま注目されているのが,ポカラ国際空港の建設。中国輸出入銀行からの長期低利融資1億4500万ドルを受け,中国の空港(成都双流国際空港など)をモデルに, 中国CAMC(中工国际工程股份有限公司)が施工する。

このポカラ国際空港は,1989年頃から日本のJICAが手がけたが,結局,中国丸抱えで建設されることになった。ルンビニ開発も,もとは日本が手がけていたが,こちらも,バイラワ国際空港建設を手始めに,結局,中国勢が中心となりそうだ。

まさに破竹の中国経済進出。昨日の新華社ニュースによれば,中国は公館もネパール国内に増設するという。日本は蹴散らされても実害は大してないが,インドにとっては,心中穏やかではあるまい。

130823e 130823d
 ■ポカラ国際空港フェイスブック

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/08/23 @ 09:12

カテゴリー: インド, 経済, 旅行, 中国

Tagged with , ,