ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

ボーナス支給の罪で逮捕:CIAA

権力乱用調査委員会(CIAA)が,9月25日,ネパール石油会社(NOC)の社長(ないし常務取締役)Suresh Kumar Agrawalと他の幹部3人を逮捕した(ekantipur & Republica,Sep.25)。

ネパールには「ボーナス法1974」があり,これによりボーナスは利益の10%以内とされ,また赤字ないし財務危機の場合はボーナス支給禁止が定められているという。NOCは政府が98.36%の株を保有。赤字であり,膨大な負債がある。

CIAAによれば,NOC幹部4人は,会社がこのような経営状況にあるにもかかわらず,「ボーナス法1974」を無視して社員にボーナスを支給し,しかも証拠隠滅の恐れがあった。そのため,CIAAは4人を逮捕したのだという。

この幹部4人の逮捕に対し,NOCの3労組は,給油拒否闘争で対抗している。

日本から見ると,これは不思議な構図だ。やはり,ネパールはまだ社会主義の国であり,CIAAがこのような強権行使をできるのも,そのためなのであろう。

Nepal Oil Corporation नेपाल आयल निगम लिमिटेड
Board of Directors
Er. Suresh Kumar Agrawal
Designation: Member Secretary
Department: For Managing Director, Nepal Oil Corporation Ltd.

130929

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/09/29 @ 19:37