ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

制憲議会選挙2013(21):選挙と情報産業

開票速報(2013-11-30)】
  NC    196 (小選挙区制105+比例制91)
  UML   175 (91+84)
  UCP-M  80 (26+54)
  RPP-N  24 (0+24)
  MJF-D  14 (4+10)
  RPP    13 (3+10)
 ——————————–

今回の制憲議会選挙で大繁盛した業界の一つが,情報産業だ。新聞・雑誌も選挙特集で大いに潤ったが,特筆すべきは,モバイルとインターネット。

ネパールの情報化は急速に進んでおり,すでにケイタイは日本よりはるかに安くて便利。インターネット接続も,都市部ではWIFIが普及しているし,場所をえらばない従量課金制ネット接続モバイルルーターでさえ,安くて便利。日本は遅れている。

そんな中,制憲議会選挙は,情報産業にとって絶好のビジネスチャンス。テレビや新聞,ネットは,あれこれ工夫し,開票速報を伝えてきた。モバイルには,選挙区を登録しておけば,刻々,その選挙区の開票状況が表示される。いやはやスゴイ。

選挙が,政治的意義はいざ知らず,少なくとも経済的には,ネパールの情報産業に大いに貢献していることは間違いない。

131130a 131130b
 ■カトマンズポスト(11月24日)/ヒマラヤン(11月24日)

131130c 131130d 131130e ■ネパールニューズコムの選挙特集(11月30日)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/11/30 @ 19:10

カテゴリー: 選挙, 情報 IT

Tagged with