ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

制憲議会選挙2013(31):被選挙権

「制憲議会議員選挙令2070」は,被選挙権(立候補者資格)について以下のように定めている。

●被選挙権者(立候補者資格)
 ・ネパール国民[第18条(a)]
 ・満25歳以上[18(b)]
 ・背徳的犯罪(नौतिक पतन देखिने फौजदारी कसूर)で有罪判決を受けていない者[18(c)]
 ・公金から報酬を得る職(選挙等で選任される政治的な職を除く)に就いていない者[18(d)]

●立候補者欠格要件
 ・有権者名簿(मतदाता नामावली)に名前が記載されていない者[第19条(a)]
 ・ネパール政府または政府関係組織の現職職員[19(b)]
 ・選挙違反罪により受けた刑罰の満了後2年未満の者[19(c)]
 ・汚職,レイプ,人身売買,麻薬取引,金銭洗浄およびパスポート悪用の罪で有罪が確定した者[19(d)]
 ・殺人事件に関する裁判で終身刑(जन्मकौद)が確定した者[19(e)]
 ・故意に負債不履行となりブラックリストに掲載されている者[19(f)]
 ・精神障害者[19(g)]

ここに規定されている被選挙権者(立候補者)の資格要件は,かなり厳しいといってよいであろう。事実,選管は11月6日,この規定により,マオイストの比例制立候補者2名の立候補を取り消した。一人は殺人罪で有罪判決を受けていたためであり,もう一人は公金報酬付き公職に就いていたためである。また,他に汚職で4人が欠格とされている。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/01/18 @ 19:45

カテゴリー: 選挙

Tagged with ,