ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

特定秘密保護法と一老人の繰り言

講演会「希代の悪法『秘密保護法』を許さない」に行ってきた。

————————————–
「戦争は『秘密』から始まる 希代の悪法『秘密保護法』を許さない」
▼講演
 羽柴修氏(弁護士、弁護士9条の会事務局長)「戦争は『秘密』から始まる」
 鳥越俊太郎氏(ジャーナリスト)「希代の悪法『秘密保護法』を許さない」

▼対談
 羽柴修氏×鳥越俊太郎氏
 司会:小山乃里子氏(ラジオパーソナリティー、元神戸市市議会議員)

・日時 2013年1月18日(土)14:00~16:10
・場所 神戸文化ホール(神戸市中央区)
・主催 NHK問題を考える会(兵庫)
—————————————

主催団体のことはまったく知らない。講師や司会者も,お名前を聞いたことがあるくらいのこと。テーマが堅く,しかも入場料千円なので,参加者は少ないだろうと考え会場に行ったら,何と場外にまで長蛇の列,入場者約1000人,あぶれ入れなかった人,数百人以上という。もう少し遅かったら入場できなかっただろう。これには驚いた。

講演と対談はたいへん分かりやすく,問題点もよく理解できた。よい集会であった。

それはそうとして,一つ気になったのが,参加者の一様性。土曜午後というのに,ホールを埋め尽くしたのは老人ばかり,青年層はほとんどいない。これにもまた驚いた。いや,正直に言うと,こちらの方が驚きは大きかった。

いうまでもないことだが,現在の危険な右傾化に,若い世代の責任はない。現在の社会や政治は,戦中派や戦後第一世代の人々がつくり出したものだ。

未曾有の敗戦の悲惨を背に,彼らは豊かな生活を夢み,「働き蜂」となり,あるいは「社蓄」としてがむしゃらに働いてきた。その結果,物質的な豊かさをそこそこ手にし,そこで生産活動・経済活動の現役から引退し,「老後」生活に入った。しかし,遠からず訪れる死を前に自分の人生を振り返り,あるいは周囲を見回すと,その光景はあまりにも貧しく,殺伐としていることに気付き始めた。

こんなはずではなかった。これで終わりたくはない。老人の多くは,そう考え,失われた時を取り戻そうと焦り,いま,あちこちで意地汚く遊び始めた。駅や空港に行ってみよ。物見遊山旅行の老人どもでいっぱいだ。小綺麗なレストランをのぞいてみよ。老人どもが,小賢しい蘊蓄を垂れ流し,美食をつついている。喫茶店もそうだ。孤独な老人どもが三々五々集まり,ぐだぐだ世間話をし,何とか社交の喜びを手にしてみたいとあがいている。先は短い。何をしても手遅れ,面白いはずはない。焦れば焦るほど惨めになるだけだ。老醜に気づかないのが老人,自業自得なのだ。

これに比べ,「特定秘密保護法」反対集会などへの老人の参加は,すべてとはいわないが,多くの場合,もう少し屈折している。かつて自分たちが多少なりとも権力と闘ったことへのノスタルジー。ただし,惨めに敗北し,その結果,現在があることは,都合よく忘れている。

老人は先が短いのだから,文字通り生命を賭して前線に出て闘えばよいのに,老齢を理由に自分では大して闘わず,その代わり「いまの若者は自分の目先のことにしか関心がなく政治意識が低い」とか「こんな若者ばかりでは日本の将来が心配だ」などといって,都合よく責任転嫁し,自己満足にふけっている。

失われし時を求め遊び呆ける老人と,懐旧にふけり現在と若者に悲憤慷慨する老人。そして,その老人どもにおしみなく経済的支援と精神的慰謝を恵み続けている若者たち。いつの時代にあっても若者は美しく,老人は醜い。老人がいくらあがこうが,未来は若者たちのものだ。死に行く老人にはどうしようもない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/01/19 @ 19:05

カテゴリー: 情報 IT, 人権

Tagged with , ,