ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

ケネディ大使,ジュゴン保護を!

ケネディ大使のイルカ漁非難は,先述のように政治戦略に基づく発言であり,それ以上の正当な根拠は見あたらない。

もしイルカに限らず動物が保護されるべきなら,それは,不殺生倫理によるか,さもなければ人間のための自然保護を根拠とすべきである。ケネディ大使は不殺生倫理の立場はおとりではないはずなので,とすれば,当然,自然保護を非難の根拠とされるべきである。

これはキリスト教の教えにも合致している。聖書は,人間と他の被造物を峻別する。人間は他の被造物すべてを支配し利用する権利を神により与えられ,その限りで他の被造物を保護する。動物保護の根拠は「人道性」ではなく,人間による自然の有効利用にほかならない。

たとえば,パンダを殺して食べるのを禁止するのは,パンダの「知能が高い」からでも「かわいい」からでもない。もしパンダ猟を禁止しなければ,すぐパンダが絶滅してしまうからにすぎない。「かしこさ」や「かわいらしさ」が同情を呼ぶとしても,保護の目的は,あくまでも神の創造になる自然秩序を維持し,もって人間生存の神与の目的に資することである。

さて,もしそうだとするなら,ケネディ大使が率先して反対の声を上げ,本国政府に申し入れるべきは,沖縄のジュゴン保護である。

いま沖縄では,米軍が日本政府と協力し名護市辺野古の近海を埋め立て,広大な軍事基地をつくろうとしている。もしこれが強行されれば,ジュゴンはむろんのこと,他の多くの貴重な動植物が死滅の危機に瀕する。

神の前での宣誓を慣行とされる国の大使として,ケネディ閣下は,本国政府に対し,ただちに辺野古基地建設の中止を進言されるべきであろう。

また,イルカやクジラの捕獲反対を叫ぶ動物愛護団体に対しては,いまこそ辺野古に結集し,基地建設反対に立ち上がれと檄を飛ばされるべきであろう。

これは,けっして過激な極論ではない。すでにN・チョムスキー,M・ムーア,J・ダワー各氏をはじめ,内外の多くの人々が,辺野古米軍基地建設反対,ジュゴンを守れ,と世界に向け訴えかけている。ケネディ大使にも,ぜひ,この平和の訴えへの支援をお願いしたい。

   140122  ■美しい辺野古の海(Google)

【参照】
International Scholars, Peace Advocates and Artists Condemn Agreement to Build New U.S. Marine Base in Okinawa
   (……) the US and Japanese governments planned to close Futenma Marine Air Base in the middle of Ginowan City and move its functions to a new base to be constructed at Henoko, a site of extraordinary bio-diversity and home to the endangered marine mammal dugong. (…..)
   We support the people of Okinawa in their non-violent struggle for peace, dignity, human rights and protection of the environment. The Henoko marine base project must be canceled and Futenma returned forthwith to the people of Okinawa.
   January 2014
Noam Chomsky, John W. Dower, Michael Moore, Oliver Stone, et. al.

世界の識者と文化人による、沖縄の海兵隊基地建設にむけての合意への非難声明
 辺野古は稀に見る生物多様性を抱え、絶滅の危機にある海洋哺乳動物、ジュゴンが棲息する地域です。・・・・
 私たちは、沖縄の人々による平和と尊厳、人権と環境保護のための非暴力のたたかいを支持します。辺野古の海兵隊基地建設は中止すべきであり、普天間は沖縄の人々に直ちに返すべきです。
    2014年1月
ノーム・チョムスキー,ジョン・W・ダワー,マイケル・ムーア,オリバー・ストーンほか
(http://peacephilosophy.blogspot.ca/2014/01/international-scholars-peace-advocates.html)

Defense Bureau keeps information on dugongs from the public [Editorial, Ryukyu Shimpo, Sep.24, 2013]
   Three times in the past, the International Union for Conservation of Nature (IUCN) has recommended action to save the dugongs. That Japan and the United States continue to ignore this recommendation is sinful in the extreme…..
   That they are prepared to cause damage to the sea in order to build a military base is contrary to the global trend of strengthening environmental protection policies. Government officials should feel pangs of conscience for what they are doing to the sea, which is so valuable and rich in biodiversity.

ジュゴン情報非公表 普天間撤去は逆転の発想で (琉球新報社説2013-9-24)
 辺野古埋め立てに関しては、国際自然保護連合(IUCN)も過去に3度、ジュゴンの保護を勧告している。日米が勧告を事実上無視し続けていることは罪深い。・・・・
 海を破壊し軍事施設を建設するという発想自体が、環境保護政策の強化を求める世界潮流に逆行している。政府当局者は、生物多様性に富んだ貴重な海を痛めつけることの罪悪を自覚すべきだ。
(http://english.ryukyushimpo.jp/2013/10/05/11911/) (http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-212912-storytopic-11.html)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/01/22 @ 17:06