ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Archive for 3月 2014

未完議会で重要審議見切り発車

第2次制憲議会は,まだ内閣指名26議席が決まっていない。各種集団が包摂参加を要求し圧力をかけているが,主要政党は,談合により,とりあえず下記の配分を決めてしまったらしい。第4党の国民民主党(RPP)は排除されている。
  ・コングレス党(NC)——— 9
  ・統一共産党(OPN-UML)–7
  ・マオイスト(UCPN-M)—– 5
  ・その他———————- 5

しかも,制憲議会は厳密にはまだ未成立にもかかわらず,主要3党は,見切り発車で重要事項を次々と決定している。
  ・第1次制憲議会の審議結果の継承
  ・憲法起草委員会(68議員)など,各種委員会の構成・発足
  ・高等政治委員会(HLPC)の再開
140330■LGBT指名議席を要求しているBLue Diamond Society

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/03/30 at 11:31

カテゴリー: 議会, 憲法

Tagged with , , ,

後進国への後退とシャネル広告

シャネルが,朝日新聞朝刊(3月29日)に,全面広告を6頁(!!)も出している。日本人を見くびり,自然や人類をバカにした,許されざる所業だ。

後進国が「途上国」と改称される以前の後進国にいって真っ先に驚いたのが,高級ブランド店の超豪華仕様。後進国住民の大半はその日暮らしさえままならない惨状なのに,ごくわずかの特権階級相手に,目玉の飛び出そうな高価な贅沢品を売っていた。最近はめでたく「途上国」に発展したので,以前ほど酷くはなくなったが,それでも庶民生活と高級ブランド店との落差は大きい。

高級ブランド店は,少数の特権階級に寄生し,格差拡大とともに厚かましくも派手になり,格差を商品化し,繁栄する。

シャネルが高級紙に6頁もの全面広告を出したのは,日本が後進国へと後退し,宿主が生まれ生長し始めたからだ。特権階級は,むろん大多数の庶民を搾取して太っていく。日本は,搾取が構造化された後進国型階級社会に転落し始めたのだ。マルクス万歳!

そもそも6頁全面広告は,日本人見くびり以前に,自然浪費だ。この空疎な広告のため,山や森の木が何本切り倒されたのか? 石油が何ガロン燃やされたのか? 川の水や地下水が何万KL汚染されたのか? 反自然的・反人類的と断罪せざるをえない。

こんな反倫理的・反社会的広告を掲載した朝日も,むろん同罪だ。高級紙なら,貧すれども鈍せず,高級紙としての品格を堅持すべきだろう。

140329a140329b140329c

[参照]シャネルの新聞広告

谷川昌幸(C)

 

Written by Tanigawa

2014/03/29 at 11:34

英語帝国主義にひれ伏す公立学校

先住民族の尊厳や母語教育の権利を高らかに宣言しているネパールだが,建て前と本音は,教育においても別らしい。私立学校に続き公立学校も,母語どころかネパール語さえ放棄し,続々と英語帝国主義の軍門に降りつつある。そうした学校では,生徒は英語で挨拶し,歌い,勉強する。家でも英語で話す。

「英語が公立学校を魅了している」(Republica, 25 Mar)によれば,チトワンのある公立小中学校では,全教科を英語で教え始めた。

「3年生クラス成績3番のサンジタは,良い本を読むには英語学習は必須だと確信している。友人のカマルも同じで,英語が分かれば多くのことを学ぶことができるし,旅行者とも話すことができる,と考えている。『姉は家でも英語で話してくれるので,とても助かる』という。」

「政府は,ネパール語記述の教科書を英訳し始めた。学校は,これらの英訳された教科書を使い,授業をしている。」

ネパールは,教育でも,日本のはるか先を行っている。ネパールの教育は日本のお手本(格差大だが)。文科省はネパールに視察団を送り,謙虚に教えを請い,最先端の英語教育を学ぶべきだろう。
 [参照]水村美苗『日本語が亡びるとき』

140327

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/03/27 at 16:21

カテゴリー: 教育, 文化

Tagged with , , , ,

チベット難民に警告,ゴータム内相

ゴータム副首相兼内相は3月22日(土),「全国人権基金(HURFON)」年次大会において,チベット難民に対し,反中国活動をしないよう強く警告した(Nepalnews, 22 Mar)。

この3月10日は「チベット蜂起」55周年記念日であった。ネパール警察は,約900人の制服・私服警官を動員し,ボダナートなど重点地区を中心に警戒してきた。焼身抗議に備え,毛布と消化器を準備しているという。

それでも,3月10日には,小規模ながら,「自由チベット」デモが行われた。拘束されたのは,中国大使館付近5人,スワヤンブー付近4人,ポカラ1人など,10数人。チベット難民の抗議活動は,例年よりも少なかった(Republica & Ekantipur, 10 Mar)。

140324 ■中ネ航空協定改定:カトマンズ2014年2月24日(中国大使館HP)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/03/24 at 14:11

カテゴリー: 外交, 中国, 人権

Tagged with , ,

韓国取材班,罰金支払い釈放

パシュパテ寺院地区を撮影し逮捕されていた韓国TV取材班の韓国人4人とネパール人1人が,3月21日,罰金1人9500ルピーを支払い,釈放された。

韓国TV取材班は,リモコン小型ヘリを使い,ポカラやビルガンジを空撮し,最後にパシュパテ寺院の空撮をしたらしい。容疑は,公安法(Public Offense Act)違反であり,2年以下の禁固または1万ルピー以下の罰金。

当初,彼らの容疑は,空軍施設の無断撮影であり,これが認定されれば,公安法違反に留まらず,重大な事態となる危険性があった。韓国大使館は,おそらくこれを危惧したからであろうが,迅速な手を打ったようだ。その結果,5人は,パシュパテ寺院聖域の無許可撮影の罪だけを認定され,罰金の支払いで釈放された。

今回は大事に至ることなく決着してよかったが,ネパールの軍施設は人民戦争により急増しており,また中印関係も緊張してきた。ネパールは,観光客にとっても,いまやかなり危険な国だといわざるをえない。
 *Himalayan, 21 Mar; Yonhap News, 20 Mar; 新華社,3月20日
140322

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/03/22 at 11:17

カテゴリー: 軍事

Tagged with , , , ,

軍施設撮影で韓国人逮捕

カトマンズの軍施設撮影容疑で,3月18日,韓国人4人が逮捕された。

逮捕されたのは韓国放送局のスタッフ4人とネパール人ガイド1人。パシュパティ寺院を無人ヘリで空撮していた。この寺院はトリブバン国際空港の西隣にあり,空港内空軍施設に近接している。そのため,空撮に軍施設が写ってしまったらしい。

最近,ネパールは善良な観光客にとって,ますます危険な国になってきた。カトマンズのど真ん中,アメリカンクラブ付近のことについては,何度か報告した。今度は,空港やパシュパティ寺院だ。

それにしても,この情報化時代,このような秘密主義はアナクロではないか。たとえば,グーグルでも,トリブバン空港内軍施設はよく見える。隠しようもない。それでも隠そうとするのが,軍の抜きがたい習性。軍事機密,防衛秘密,特定秘密などの恐ろしさは,そこにある。

これからネパールに行く人には,カメラにくれぐれもご用心いただきたい。最近のカメラは高性能だ。私の初心者用ズーム(55~250mm)付カメラでも,スワヤンブーあたりから市内の軍関係施設を撮ることは十分に可能だ。一つ上の400~800mmレンズをつけ,市内の高台かビル上層階に行けば,どの軍施設であれ,丸見えだろう。

ネパールに行って無邪気にバシャバシャ写真を撮っていると,いつしょっ引かれるか分からない。たまたま軍施設が写っていようものなら,面倒なことになる。桑原くわばら。

140321a140321b 
 ■パシュパティ寺院(P)とトリブバン空港(TIA)/空港内軍施設付近(Google)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/03/22 at 00:15

カテゴリー: 軍事

Tagged with , , ,

ガソリン値上げ,1リットル140ルピー

牛乳に続き,ガソリンも値上げされた。ネパール石油公社(NOC)によれば,以下の通り。 
 ▼カトマンズ価格
  ・ガソリン: 130ルピー → 140ルピー/L
  ・ディーゼル・灯油: 103ルピー →109ルピー/L
  ・LPガス: 1470ルピー/ボンベ(価格据え置き)
 ▼日本の価格
  ・ガソリン: 148~160円/L
  ・ディーゼル: 132~148円/L
  ・灯油: 98~110円/L

140315c140315a140315b 
■石油類価格推移(Economic Survey 2011/12)/NOCロゴ/NOC出資比率(政府98%)

先にも述べたように,ガソリンや灯油の価格は,日本とほぼ同等。それでも,NOCは,価格補填のため,1億7千万ルピー/月の赤字となっている。価格据え置きのLPガスは,ボンベ1本当たり860ルピーの赤字という。

こんなことは,いつまでも続かない。LPガスは,家庭用と業務用のボンベを色分けし,業務用は市場価格とする方針のようだが,価格統制は複雑となりがちで,公正な運用は難しいのではないか。

この値上げに対しては,ANNISU-Uなど学生団体が,さっそく反対デモを始めたが,NOCの赤字は,結局,誰かが負担せざるをえないことは分かっているらしく,報道の限りでは,抗議の矛先は値上げそのものというよりは,むしろNOCの横流しなど腐敗に向けられているようだ。ネパールの学生も,自由市場主義の洗礼を受け,ずいぶん大人になったものだ。
 (Republica, Ekantipur & Nepalnews, 14 Mar)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/03/15 at 11:05

カテゴリー: 経済

Tagged with , , ,