ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

牛乳値上げ,1リットル68ルピー

ネパールで牛乳がまた値上げされる。市場占有率40%の国有企業「乳業開発公社(Dairy Development Co.)」が発表した。1割以上の大幅値上げ(以下,1リットル当たり価格)。
 ・非スキム牛乳:60ルピー → 68ルピー
 ・スキム牛乳: 50ルピー → 56ルピー
 *農家からの買い取り価格:35~38ルピー (Republica, 12 Mar)

値上げ理由は,(1)生産・加工・流通の経費増大。(2)供給不足(ekantipur, 27 Jan)。
 ・牛乳需要:80万トン/日
 ・国内生産:60万トン/日
 ・輸  入:6万トン/日(インドより輸入,ネパール産より高価)        

  140313

牛乳1リットル68ルピー(約70円)は,かなり高い。アメリカでは約100円。保護政策により割高の日本でも,ほんの数ヶ月前までは,140~200円であった。アベノミックス物価上昇により,現在は,180~270円。ネパールの68ルピーは,酪農国にしては,高いといわざるをえない。

これが深刻なのは,このインフレが今後も進行しそうなこと。牛乳需要は,世界的に,特に中国で増大しており,しかもグローバル化(世界市場化)により,それは直接ネパール国内市場にも影響を与える。ネパール国内での需要増もあって,牛乳価格の値上がりは避けられないだろう。

日本でも,生活必需品価格は,食糧を中心に急騰している。「狂乱物価」の前兆といっても過言ではない。私のような年金生活者や非正規労働者など,インフレ弱者は,お先真っ暗,生活を切り詰める以外に対策はない。

日本にしてそうだとするなら,ネパール,特に現金収入の少ない地方は,比較にならないほど深刻だ。自由市場社会化は,結局,世界中の相対的弱者から自由に搾取するための,強国の強者の巧妙な奸計といわざるをえない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/03/13 @ 17:05

カテゴリー: 経済

Tagged with , , , , ,