ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

京都の米軍基地(42):観点曖昧な朝日記事

朝日新聞(大阪版)が,5月10日付朝刊社会面に,「米軍基地 波立つ集落」という大きな記事を掲載している。小見出しは――
 「Xバンドレーダー 京丹後に配備」
 「地元容認 不安の声も」
 「北朝鮮のミサイル警戒」

朝日らしくお上品に「不安の声」を紹介しているが,全体として緊張感がなく,観点がはっきりしない。毎日放送や京都新聞が鋭く追及しているので,仕方なく社会面で――政治面でなく――おつきあいしておいたといったところ。

たしかに,スペース的にはかなり大きい。が,そこからはジャーナリズムらしい明確で鋭い「問題意識」は感じ取れない。だから肝心の「配備の狙い」も,北朝鮮ミサイルを探知し「撃ち落とす」ためなどと,日米当局の説明に沿って無批判に紹介されているにすぎない。

これでは,よくて連休後ネタ切れの穴埋め,悪くすると,地元の「不安の声」を寛容に報道させたという権力のアリバイつくりに加担することにさえなってしまうであろう。

 140510

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/05/10 @ 19:44