ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

制憲議会選挙2013(38): 指名議席空席の議会は違憲,最高裁

ネパール最高裁は5月12日,B・パスワン議員(ダリット党議長)の令状請求を認め,内閣指名26議席空席の制憲議会は違憲と判決した。要点は次の通り。(参照:指名議席争奪

(1)内閣指名26議席空席のままの制憲議会の活動は,暫定憲法第63条(3)Cの規定に違反し,違憲。
(2)内閣は,権力分有(power-sharing)を口実に指名を先送りしてはならない。判決日(12日)から15日以内に,26議員を指名せよ。
(3)選挙(小選挙区制・比例制)落選者は,指名されてはならない。
(4)国家貢献顕著な独立の人物を選出し指名すること。

この最高裁命令については,「民主法律家協会」集会では,司法の権限を逸脱した行きすぎた「司法積極主義」だ,という批判が多く出された。また,落選大物政治家を抱える政党からは,たとえば「最高裁は制憲議会の管轄内にまで介入した。これはよくない」(ポカレルUML書記長)といった批判も出されている。

たしかに司法積極主義は限度を超えると問題だが,今回の最高裁命令は,指名候補者資格限定の部分には議論の余地があるが,それ以外は妥当である。

選挙投票日は2013年11月19日。すでに半年も経過している。にもかかわらず,指名議席空席のまま,制憲議会は重要事項を次々と審議し,決定してきた。違憲は明白であり,最高裁命令は当然といってよいであろう。(Himalayan, 14,19-20 May)

140522 ■最高裁付近(Google)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/05/22 @ 10:05