ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

コイララ首相訪中:中印台頭とネパール

スシル・コイララ首相が6月5日,特別機で中国・昆明を公式訪問した。今回とくに際立つのは,経済第一の実利的姿勢。

140608c■ネパール~昆明(Google)

1.コイララ訪中団
 訪中団: 首相,通商供給大臣,駐中ネパール大使,制憲議会議員,官庁幹部職員,政党代表,経済界代表など33人。中国政府の公式招待。
 日程: 6月5-6日
 目的:「第2回 中国-南亜博覧会」に今回博覧会の「特待国」首相として出席。
 博覧会: 6月5-10日,雲南省昆明。雲南省/中国商務省共催。中国と南アジアとの協力関係の促進が目的。46の国と地域が参加。ネパールは,今回博覧会の「特待国」。
 首相動向: 開会式あいさつ,汪副首相と会談,雲南省電力局訪問,Hydrolancang会長と会談。
(新華社6月6日;Republica,5-6 Jun; Ekantipur, 6 Jun)

140608b 140608a
 ■中国-南亜博覧会HP/ネ首相訪中大成功(博覧会HP)

2.対ネ投資要請
コイララ首相は,博覧会開会式挨拶や記者会見において,積極的対ネ投資を要請した。「訪中は有意義であった。経済を中心にネ中関係を強化できた。」(Nepalnews.com, 7 Jun)

その中でも,特に重視されたのが,鉄道,道路,空路の拡充である。「開会式でも,中国や他の国々の指導者との会談でも,一つのことが繰り返し強調された。それは,われわれの未来は,この地域の交通網の改善にかかっているということである。」(Ekantipur,7 Jun)

具体的な成果として第一にあげられるのは,中ネ間のフライト数を現在の週14便から56便に増便するという合意。もしこれが実現すれば,両国間の往来は激増し,日本からもほとんどが中国経由で訪ネするということになろう。

なお,懸案のポカラ国際空港建設は,この5月22日正式契約が締結された。中国援助で,受注したのは中国の「中工国際工程股份有限公司」。滑走路2500mの本格的国際空港で,建設費は2億5千万ドル。4年後完成の予定。

次に注目すべきは,やはり鉄道や道路のネパールへの延伸。そしてまた,ダム・水力発電への中国投資。首相によれば,中国側は,これらについても積極的であったという。

もしそうだとすると,「ラサ=カトマンズ=ルンビニ鉄道」も,プラチャンダの単なるホラ話だったのではなく,近い将来実現可能な現実的なプロジェクトだということになる。

140608d■ポカラ国際空港契約締結式(中工国際HP)

3.中印共存共栄とネパール
以上は中ネの関係だが,今回の「中国-南亜博覧会」のHPを見ると,それにかぎらず,この地域全体が大きく変わりつつあるという印象を禁じえない。

中国とインドは,たしかに未確定国境が何カ所かあり小競り合いは絶えないが,だからといって本格的な軍事衝突になる可能性は低い。両国はいずれも政治大国であり,紛争はあっても大人の対応で管理し,地域開発による実利を目指しているように思われる。

では,ネパールは,どうなるか? うまくいけば,平和的な対ネ投資競争など,中印共存共栄から大きな利益を得られるだろう。が,もしそうはならず,両超大国の草刈り場となってしまうのなら,これは悲惨だ。いやそれどころか,代理戦争の場となり,やがて国家分裂,併合といったことにさえなりかねない。

中印の台頭で激動に翻弄され,下手をすると国家存立の危機にさえ陥りかねないネパール。そうした状況を乗り切るためにも,新憲法制定による正統的国家権力の早期確立・安定が切に望まれるところである。

谷川昌幸(C)