ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

制憲議会選挙(39):補欠選挙

制憲議会補欠選挙が,6月22日,実施された。重複立候補などによる欠員を補充するため。結果は以下の通り。

カトマンズ 第2区
  D.クインケル NC 18200
  KG.シュレスタ UML 13421
  L.ポカレル UCPN-M 4604
  N.シンカダ RPP-N 3724
チトワン 第4区
  RK.ギミレ NC 20318
  D.ラワル UML 17272
  K.タマン UCPN-M 7855
  S.ルーワリ CPN-ML 940
バルディヤ 第1区
  SP.ダカール UML 16996
  S.ビスタ NC 11335
  BP.タルー UCPN-M 11031
  GP.タルー MJF 1596
カイラリ 第6区
  P.オージャ NC 14784
  M.パタック UML 11959
  R.バンダリ RPP-N 4367
  L.チョウダリ MJF 3586

コングレス圧勝。対照的に,マオイスト(UCPN-M)は退勢著しい。今後,マオイストは,どの方向に向かうのか? 幹部が既得権益保守に回りますます体制内化していくか? それとも,支持回復のため急進派のバイダ派(CPN-M)と合流し反体制・急進化していくか? いまのところ,いずれとも見極めがたい。

140625 ■村での選挙啓発(選管HP)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/06/25 @ 19:55

カテゴリー: マオイスト, 選挙, 憲法, 政党

Tagged with ,