ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

ウラン鉱脈発見,ムスタンで

ネパール鉱山地質局(DoMG)は7月2日,アッパー・ムスタンで有望なウラン鉱脈を発見した,と発表した(同局HP;新華社7月9日,Hindustan Times, 10 Jun, etc)。

ネパールのウラン探査は20年前から行われており,これまでに25カ所でウラン鉱の存在が確認された。しかし,探査技術と資金の不足で,調査は進まなかった。

今回の調査は,カグベニ~ローマンタンの100平方キロで実施され,10km×3kmの良質のウラン鉱脈を発見したという。調査はムスタンの他の地域へも拡大される。

140713d 140713e
 ■A=カグベニ,B=ローマンタン(GreatHimalayaTrail)/鉱物分布図(DoMG)

ネパール政府は,もしムスタンのウラン鉱が採掘可能なものなら,外国援助を得て開発し,「イエローケーキ(ウラン精鉱)」 に加工して輸出する予定。イエローケーキは,$100/kgくらいで取り引きされているので,これが実現すれば,ネパールは大きな開発利益が得られるという。

しかし,開発資源はウランであり,しかもムスタンはチベット国境ちかく。政治的に微妙であることはいうまでもない。今回のウラン鉱脈発見発表をいち早く報道したのが新華社とHindustan Timesであったことを見ても,それは明らかだ。どこの援助で開発し,どこに販売するのか?

これまで,資源途上国は,ほとんど例外なく,利権をめぐる泥沼の紛争に苦しめられてきた。ウラン鉱脈が有望であればあるほど,採掘の可否を手始めに,さまざま難しい判断を,ネパールは迫られることになるであろう。

140713f  ■地質図(DoMG)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/07/13 @ 12:34